映画「ブラック会社・・・」インタビュー2 
田中圭「芯のあるカッコいい人と一緒に仕事したい」

印刷

   映画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』のインタビュー第2弾。端正なマスクで人気の田中圭さんですが、お話を伺うと、演技への真摯な姿勢や、仕事に対する迫力のある考え方にあふれていて、圧倒されてしまいました。(聞き手:野崎大輔)

「木村は、昔から嫌なヤツだったんだろうなと」

先輩社員をライバル視する野心家「木村君」を演じた田中圭さん
先輩社員をライバル視する野心家「木村君」を演じた田中圭さん

――中途入社の若手エリート、木村君を演じられていましたが、最初に台本を読まれたとき、どう感じましたか。

田中 面白いなと思いました。「なんだこれ!こんな会社あるの?」なんて笑いながら。それで、佐藤(祐市)監督なら、ここをこうするかもな、でも出来上がったものは想像以上に楽しいんだろうな、なんて考えながら読みました。だから撮影が楽しみだったし・・・。でも、その一方で「ああ、俺は嫌なヤツをやるんだな」と(笑)。
   それで「木村」をどんだけ嫌なヤツにしてやろうかなと、すごく役作りしてホン(台本)読みに行ったんですけど、監督から「圭、もっとシンプルに行こうか」と言われて。最終的には大げさに作ったものから引き算していって、言い方とか顔とか声質じゃなくて、気持ちから出てくるものがリアルに表れるようにしました。

――田中さんが演じたからか、木村君にはちょっと硬派な魅力も感じてしまいましたけど、やっぱり基本的に「嫌なヤツ」ですかね。

田中 「昔から嫌なヤツだったんだろうな」と思います。まず第一に「思いやり」ですよね! 木村君の言っていることは、間違っていないところもあるんですけど、思いやりがなさ過ぎます。

――ああいうプライドが高い若手社員って、実際の会社でも問題になっているんですよ。

田中 そうなんですか? 僕自身が、彼のいいところだと本当に思っているのは、仕事ができるところくらいですね。基本的に、彼の性格自体は嫌ですけど、「やるしかないんですよ!」というところなんかは嫌いではないです。まあ、あまり褒めるのは良くないんですけど・・・。
   同僚が木村だったら、彼よりも「やるしかない」でしょう。それか、相手にしないか。もし部下だったら、負けないように頑張らないといけないから、意外といいかもしれない。・・・でも、やっぱり願い下げです。絡みづらいですしね。
牛に願いを Love&Farm DVD-BOX
牛に願いを Love&Farm DVD-BOX
おすすめ平均
stars泣けます
starsTVドラマではもったいない大傑作
starsドラマというより”ドキュメンタリー”かな?
starsあいのりドラマかと思ったら・・・
stars実際の酪農事情は知らないが、たぶんリアルに描いている作品

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中