映画「ブラック会社・・・」インタビュー4 
佐藤祐市監督「最初に入った会社は月給1万円未満だった」

印刷

   テレビドラマの演出家として活躍後、2007年に公開された3作目の映画『キサラギ』で「ブルーリボン賞」や「日本アカデミー賞」を受賞し、一躍売れっ子となった佐藤祐市監督。そこに至る道のりで学んだ「仕事観」が、最新作『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』にも反映されているようだ。(聞き手:野崎大輔)

一番こだわったのは「ブラック度合いは足りているのか?」

「月給1万円未満」から「注目を浴びる映画監督」になった佐藤祐市氏
「月給1万円未満」から「注目を浴びる映画監督」になった佐藤祐市氏

――最初、原作を読んでどう感じましたか?

佐藤 濃いキャラクターがいっぱいいて、面白く読めて、しかも意外とウルウルするところもあって。すごくエンターテイメントしてるなと思いました。映画にするのは楽しみだなと。だからすぐに脚本にできると思っていたんですが、実際はすごく時間がかかって、クランクイン直前までいじっていました。

――原作のエッセンスが凝縮されているなと思いました

佐藤 「原作からどの部分をチョイスするか」「マ男の過去をどういう順番とタイミングで挟み込むのか」、そして「終わり方をどうするのか」「それらが映像でうまく伝わるのか」。そういうことを詰めるのに時間がかかりました。
   それから、何と言っても「会社のブラック度合いは、これで足りているのか?」ということですね。いろんな人のアイデアを集めて「こうした方が伝わりやすいんじゃないか?」という話し合いを何度もしました。原作になかった、マイコさんが松葉杖を突いて出てくるところとかは、僕の昔の部下のエピソードを使いました(笑)。

――「ブラック会社」が、かなりリアルに描かれていたと思いますよ。上司が部下の面倒を見ないとか、経費が認められないとか。就業時間がないも同然みたいなところとか

佐藤 それでもご覧になった方は、いろんな感想を持つと思うんです。すごく身につまされる人もいると思いますけど、僕自身はテレビ制作の仕事をやってきたので、正直「テレビ屋の方がしんどいぜ! 3日寝てないんだよ!」という気持ちもあります。
   オンエアが明日ってことになれば、昨日まで撮りためたものを夜通し編集して、ナレーション入れて、オンエアのギリギリ直前に届ける。それでも最初に入った会社は、1カ月の給料が1万円を切っていた(笑)。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中