2020年 7月 13日 (月)

「もったいない思想」が失敗の処理を先送りしている

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   先日、NHKのテレビ番組に起業を目指す10代の若者が登場していました。物理が大好きで高等専門学校に進むも、ビジネスに興味を持って学校を飛び出す決心をしたのだそうです。

   これまで学校や勉強にかけてきた時間やお金を「もったいない」と考えて卒業を待つよりも、一刻も早く起業した方がよいと考えたとのこと。母親は反対したが、家出して単身スーツケース1つで上京。「自分の人生。周りに迷惑をかけても結果成功すればいい」と決意を語っていました。自分はそこまで熟考する高校生ではなかったな、と大いに感心させられました。

取り返しのつかない「サンクコスト」は考慮に入れるな

取り返しのつかないことを思い悩んでばかりいてもしようがない
取り返しのつかないことを思い悩んでばかりいてもしようがない

   番組では、他の10代の女性から「決断する際に取り返しのつかない方を選ぶ」という言葉も飛び出していました。高専をやめた彼もまだ10代なので「取り返しがつかない決断をする」と言っても、過去の蓄積も小さく、切り捨てる過去もたかが知れているでしょう。しかし大人になるにつれ、過去の損を切り、将来に向かって決断することができにくくなります。

   そればかりか、過去の蓄積にばかり意識が働き、失敗を取り返そうとしてかえって泥沼にはまり込むことが多いものです。取り返しのつかない過去はいったん「損切り」する勇気を持つことが、合理的な判断を行う際には欠かせません。

   過去に費やしたものの、その後どのような行動によっても回収することができない費用のことを「埋没費用」、あるいは「サンクコスト」といいます。

   何らかの意思決定をする際、合理的な判断を行うためには、評価時点以降に起こりうる支出と、期待できる利益だけを基準として判断すべきです。取り返しのつかないサンクコストは、一切考慮に入れてはならないはずです。

   みなさんの会社でも、多額の費用をかけたプロジェクトが、期待していた成果を出せないと分かる場合があるでしょう。そのとき「これまでかけたお金がもったいない」という発想で安易に追加投資をすると、余計に傷口を広げます。

   これまでかけたお金は、どうやっても取り返しのつかないのだから、これからかけるお金と、これから得られる成果のみに焦点を当てて、意思決定を行うべきです。これは投資の世界では「損切り」といって当たり前に行われていることです。

高城幸司(たかぎ・こうじ)
1964年生まれ。リクルートに入社し、通信・ネット関連の営業で6年間トップセールス賞を受賞。その後、日本初の独立起業専門誌「アントレ」を創刊、編集長を務める。2005年に「マネジメント強化を支援する企業」セレブレインの代表取締役社長に就任。近著に『ダメ部下を再生させる上司の技術』(マガジンハウス)、『稼げる人、稼げない人』(PHP新書)。
「高城幸司の社長ブログ」
株式会社セレブレイン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中