2020年 9月 25日 (金)

入った会社がブラック企業だった… 泣き寝入りしない「1プラス9」の対処法

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   さて、4月である。新年度を迎え、新たな環境で働き始めるという方も多いことだろう。

   入社を決めた段階では、その時点での第一志望を選んだはずであるが、やはりイメージと実態は違う、ということは多い。メールや対面での相談依頼が急に増えるのもこの時期ならではだ。

「OJTがあると聞いていたが、いきなり営業してこいと言われた…」
「入社してからずっと、ほぼ終電まで働いているのに残業代がつかない…」
「到底達成できないレベルのノルマを設定され、上司や先輩からのフォローもない…」

「辞める自由」があることを忘れないで

「ブラック」への階段?
「ブラック」への階段?

   とまあ、これくらいの展開はよくあること(本来、あってはならないことだが…)。ひどい場合は、最初から厳しくブラックな洗礼を浴びることもある。

「遅刻や欠勤は罰金、経費も自腹」
「業績が振るわないと、上司から毎日のように『お前の代わりはいくらでもいる』『辞めたければ辞めたら?どこも雇ってくれないだろうけどな』などとイヤミを言われる」
「ちょっとしたミスで、上司席の横に立たされたまま2時間説教を受けた」

   コンプライアンス意識のカケラもない、どうしようもないブラックぶりである。ではこういう目に遭ってしまった場合、どういう対処をすべきなのだろうか?

(※注:以下から述べていく対処法は、あくまで「ブラック企業被害者限定」である。「上司や先輩が上から目線だ」「遅刻すると怒られる」「目標を達成できないと厳しくツメられる」くらいのことは「普通レベル」なので、それくらいで辞めたら逆に「当たり前レベルに達していない」という評価になってしまう…)


   まず、ブラック企業で被害に遭われている方は「辞める自由」があることを忘れないで頂きたい。

   我々は「若いうちの苦労は買ってでもしろ」「石の上にも三年」「努力は報われる」といった価値観を大切にするよう育てられてきたが、ブラック企業はそんな考えを都合よく利用し、理不尽な業務量を強要してくるものだ。

   ブラック企業をなかなか辞められない人の共通点は「責任感が強すぎる」ことである。

   そんな人ほど「自分が頑張らなければ…」と一人で抱え込んでしまい、過労状態になってしまうという悪循環になりがちである。

新田 龍(にった・りょう)
ブラック企業アナリスト。早稲田大学卒業後、ブラック企業ランキングワースト企業で事業企画、営業管理、人事採用を歴任。現在はコンサルティング会社を経営。大企業のブラックな実態を告発し、メディアで労働・就職問題を語る。その他、高校や大学でキャリア教育の教鞭を執り、企業や官公庁における講演、研修、人材育成を通して、地道に働くひとが報われる社会を創っているところ。「人生を無駄にしない会社の選び方」(日本実業出版社)など著書多数。ブログ「ドラゴンの抽斗」。ツイッター@nittaryo
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中