2021年 3月 2日 (火)

就活序盤、「危険度ダブルA」の勘違い

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

●営業は絶対に嫌

危険度・・・B

評価:人見知りするタイプに多い話。接客や訪問販売などの企業・職種であれば、人見知りするタイプは苦戦するでしょう。それを見越して敬遠するのは、ある意味で正解です。

   ただし、営業と言っても、顧客が決まっていて、その中で調整・提案していく営業もあります。それに、文系学生のほとんどと理系学生であってもその多くは営業要員としての採用です。営業が嫌、と決め付けて志望企業・職種を限定すると、それだけチャンスが減るわけで、あまり得策とは言えません。

   人見知りするタイプでも、営業として活躍できる余地はありますし、そうしたタイプの方が営業で好成績を収めている、という企業もいくらでもあります。

石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。2003年からライター・大学ジャーナリストとして活動、現在に至る。大学のオープンキャンパスには「高校の進路の関係者」、就職・採用関連では「報道関係者」と言い張り出没、小ネタを拾うのが趣味兼仕事。主な著書に『就活のバカヤロー』『就活のコノヤロー』(光文社)、『300円就活 面接編』(角川書店)など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中