部下を育てる「叩き方」 「勘違いな俺様社員」防止法その2

印刷

   前回(「ハイパフォーマー社員を「勘違いな俺様社員」にさせない対処法 その1」)の続きです。上司や先輩は、問題があっても成績の良い部下を注意する、ということはなかなかできません。その部下よりも成績が良くないのであれば、なおさらそうでしょう。本当はそういう状況であっても注意できることがベストですが、なかなかできる人はいないというのが私の実感です。

   会社では、上司と部下は一時的な関係性ではなく継続的な関係です。人間関係が崩れるとそのまま引きずることになるため、それを恐れて注意できないということもあります。一方、私のように外部の人間は、社員ではないので関係がずっと続くわけではありません。だから、会社の人は言いにくいことを外部の人間が代わりに言うというのは、私たちの役割なのではないかと思っています。

「あいつ最近調子に乗ってるな」

鍛えるわよ
鍛えるわよ

   さて、前回取り上げたような若手社員をどのように指導していけば良いのでしょうか。

   実は急に成績が上がった人は、自分だけの力で目標を達成したと思っている人が多いようです。自信を持つようになることは良いことですが、自信過剰になるとだんだん周りからも「あいつ最近調子に乗ってるな」という風にマイナスの感情を持たれるようになります。

   自分だけで成果を出したというのは大きな勘違いで、見えないけれど様々な人の助けがあって仕事が成り立っているということに気づいていません。

   まずはそこを気づかせることからになります。

   私は、彼に対し「君はよく頑張っているけれど、自分だけの力でできたの?」という質問をしました。

   当然彼は、そうではないと言います。

   私は、ホワイトボードに彼の周りにどのような部署や人がいて支えてくれているのか、ということを書いていきました。こういうことは言葉だけで伝えるのではなく、図などを使って視覚化していった方が伝わりやすいです。そして

「まだ今は良いけれど、このままだと誰も助けてくれなくなるよ!」

と伝えました。彼を苛めるためにやったわけではなく、良くなって欲しいということで 言いました。1時間近く話していたと思います。その内容をまとめると、次のような流れになります。

(1)今までの成果は認める
(2)「何で達成できたのか?」を確認する
(3)勘違いを正す
(4)励まして終える

   これだけ見ると、当たり前だと感じる人が多いと思います。

   しかし、対象となる人のパーソナリティを把握し、どこまで踏み込んで話していいか、どこまで強く言って良いかということを考えながら進めていくので、実は、よく人物を観ていないとできません。下手をするとやる気が無くなったり、悪い方向になったりしてしまうこともあり得るので、伝え方は慎重にやるように考えています。

野崎大輔(のざき・だいすけ)

大学卒業後に無職、離職を繰り返し社労士として独立し、企業の労使トラブルの解決に奔走する。2013 年7 月に自律型人材育成専門コンサルティングを行うデストロイ・ジャパン株式会社の創業メンバーに加わり、専務取締役に就任。社員が自発的に行動する組織作りに注力している。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中