2020年 9月 25日 (金)

リケ女の次は「エンジニア女子」ブーム? 今は少数派で「もったいない」状況

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   「リケジョ(理系女子)」に「ドボジョ(土木女子)」。昨今は、男性中心の職場で働く「女子」が注目されることが多い。なかでも、「エンジニア職」は、女性が少ないといわれる。

   エンジニアとは、広く(メーカーなどで活躍する)技術開発者のことを指す場合もあるが、システム開発を手がける「システムエンジニア」を指すことも。いまだ、少数派の「エンジニア女子」をめぐっては、ネットでも時々、議論が起きる。

「粘り強くコツコツやる女性向き」

「エンジニア女子」が急増する日
「エンジニア女子」が急増する日

   今年に入って早々、中央大学理工学部の竹内健教授が、「エンジニアは女には向かない職業?」と題したブログを公表し、話題になった(ハフィントン・ポスト日本版、2016年1月11日)。果たして、エンジニアは「女性に向いていない」のか、それとも・・・?

   コラムで竹内教授は、数少ない工学部の女子学生が、「生命(バイオ)や化学系に集中している」ケースが目立つと指摘。これは、就職先として「食品・化学・化粧品・製薬メーカーなどに女性の人気が集中している」ため。一方で、「大きな産業である電気や機械には女性はほとんど居ない、というとてももったいない状況」という。

   電機や機械の学科を修士課程まで出れば、専門的なエンジニア職に就くことも可能だが、教授は、「『電気や機械、メーカーなんて女が行くところではない』、つまりエンジニアが『女には向かない職業』だと思われていたとすると、とても残念」と主張した。竹内教授からすれば、「エンジニアはむしろ女性に向いた職業」らしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中