トヨタ、在宅勤務を拡大へ 育児・介護の負担減で人材の繋ぎ留め図る

印刷

   トヨタ自動車が、総合職向けの在宅勤務制度を大幅に拡充する方向で、労働組合との交渉を続けていることがわかった。2016年6月10日、J‐CASTニュースの取材に答えた。トヨタは、「まだ、決まったことではありません」と話している。

多様な働き方を認める

ここでも働ける
ここでも働ける

   対象の社員は、トヨタ本体の管理職を除くすべての総合職、約1万3000人程度とされ、早ければ8月をめどに導入する見通し。工場で作業に当たる社員らは含まれない。現在、在宅時の勤務時間などの条件を詰めている。

   トヨタでは2015年4月から、1歳未満の子供をもつ社員に限って在宅勤務を認めていた。育児や親の介護などの負担がある社員を働きやすくし、また多様な働き方を認めることで人材の繋ぎ留めを図る狙いがある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中