2019年 1月 23日 (水)

食わず嫌い国民にチャレンジ カンボジアで「わたあめ」売る

印刷

   日本は今、猛烈な暑さのようですが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか? 私はいま、カンボジアのイオンモールでわたあめを売っております。

ここだけ違う国のよう

おっかなびっくり、わたあめに人が寄ってくる
おっかなびっくり、わたあめに人が寄ってくる

   カンボジアでのイオンモールの位置づけは「国内で唯一最大のスーパーショッピングモール」です。言ってみれば、リトルリーグにイチローがやってきたくらいの衝撃で、このモールの中だけ違う国のようです。

   実際に物を売ってみると、本当に別の国だということがわかります。

   ここにたどり着く前、準備の段階では、不安がありました。カンボジアでは、わたあめはメジャーなお菓子ではありません。と言うより、ほとんどの人は見たこともありません。そして、見たことがない食べ物にチャレンジするのを恐れるという国民性もあります。

   なので、我々の「サムライカレー」というお店がある、市内のちょっと外れの地域で、わたあめの試食会をやっても、誰も食べてくれません。日本人がわいわい騒いでいるので寄っては来るし、なにか変なものが作られているようだ、とのぞいてはくれるのですが、いざ食べてもらおうと差し出すと、逃げていってしまいます。

   「これは......大丈夫か......」イオンモールでの販売本番に暗雲が立ちこめます。

   まずは1日販売してみて、様子をみて、わたあめがだめそうなら別のものに切り替える。その代替案も考えておく。そんな感じで販売をスタートしました。

   イオンモールでも、最初は遠巻きにしてあまり寄りつかないお客さん。ところが、実際にわたあめ機を回してみると、人が寄ってきます。「食べてみる?」というと、イヤイヤ...って顔をするのですが、「まあまあ」とか言いながら押すと食べてくれます。

   「やってみる?」とけしかけると、1人が割り箸を手に持ってわたあめを作りだしました。

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中