Vistaのサポート期限迫る 4月11日以降、安全性が低下

印刷

   マイクロソフトのOS「Windows Vista(ビスタ)」のサポート期限が、3か月後の2017年4月11日に迫っている。「Windows XP」の後継として2007年に発売された「Vista」は、新機能の追加などを含めたメインストリームサポートが2012年に終了しており、現在はセキュリティのみを更新する延長サポートのみが提供されている

  • サポート期限が迫る
    サポート期限が迫る

「7」も3年後にサポート終了

   4月11日以降は、延長サポートも受けられなくなるため、安全性の低下が予想される。

   また、「Vista」の次に発売された「Windows 7」のメインストリームサポートも、2015年に終了しており、現在はVistaと同様、延長サポートのみが提供されている。「7」の延長サポートは、3年後の2020年1月14日まで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中