2021年 9月 18日 (土)

「産休トラブル考」(前編) 負担をかける同僚へのひと言「文句や愚痴は上司に言って」が大炎上

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

産休・育休で1~2年も休める日本に驚く米国女性

   さらには、こんな声も――。

「このツイート見て、『すごい、よく言ってやった』っていう気持ちより、悲しい気持ちが勝りました」

   このリツイートには、「(ネットメディアの問い合わせは)申し訳ありませんが、お断りします」としていたヒスタ自身がこうコメントを返した。

「そうですか。感じ方はそれぞれですから」

   J-CAST会社ウォッチ編集部では、この投稿について、何人かの働くママさんを取材した。

   40代・2児の母で、在宅勤務のAさんはこう語った。

「上司を悪者にしていますが、産休をとる人が悪い、いや会社が悪いっていう議論はまったく意味がないと思います。標的を作って叩くことでイライラ発散にはなるかもしれませんが。そもそも、産休はいいとして、日本は育休が長すぎる気がします。1年も休んだら、モチベーションも下がるし、戦力にすぐ戻るのは現実的には無理です。アメリカ人の友達(30代6歳のママ)と話したら、日本では産休・育休で1年も2年も休めることに驚いていました」
「彼女の周りでは、産後2か月3か月で仕事に復帰するのが普通です。もちろん、急に完全復帰ではないです。ベビーシッター、ヘルパーさん、会社内の保育園、自宅勤務、フレックスタイムなどをフル活用して、とにかく仕事は続ける。こうすることで現場の感覚を忘れないようにして、徐々にフル復帰するみたいです。日本ではまず考えられませんよね。そんなに活用できる手立てが揃っているなんて、働くママとしては心強いでしょう」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中