2021年 9月 18日 (土)

「産休トラブル考」(前編) 負担をかける同僚へのひと言「文句や愚痴は上司に言って」が大炎上

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「お互い様の精神のない人がトラブルを大きくする」

   利用できる制度があまり充実していないとはいえ、日本のママは「休みすぎ」との意見は少なからずある。カギは「在宅勤務」にあるようで、50代・2児の団体職員管理職のBさんはこう語った。

「私の知り合いの女性経営者に、育休中に在宅で仕事させて、心置きなく子育てしながら、かつキャリア継続もできる制度を行なっている人がいます。育休を終えて職場復帰した後も、在宅勤務できる日を認めて、柔軟な働き方ができれば、辞めずに済む人も増えます」
「いい例なので、うちの職場でも在宅勤務を試行しようとしていますが、もし在宅勤務を認めると、在宅の人宛てにかかってくる電話を取って用件を取り次がなければいけないと、カバーさせられることを嫌がる人が結構いるのです。この人たちをどう説得するかが課題になっています。結局のところ、不寛容で、お互い様の精神のない人たちが産休・育休をめぐるトラブルを大きくしているようです」

   人員の補充など制度の充実が先か、「お互い様」の気持ちが先か、難しいところだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中