2018年 8月 22日 (水)

騙された! そう憤る前に考えること 新米社長よ「前進しなさい」(大関暁夫)

印刷

   勤務先である専門商社G社の大株主でありながら、諸事情あって長らく閑職に追いやられていた旧友M氏が、会長(前社長)から突然のご指名により社長に就任したという話を耳にしました。

   このサプライズ人事は、低迷が続く業績の回復策として事業の軸足を従来以上に海外分野に向けることとなり、幹部社員で海外経験が最も豊富なM氏に白羽の矢が立った、ということのようです。

  • 新米社長よ、前を向いて走ろう!
    新米社長よ、前を向いて走ろう!

銀行から紹介されたコンサルティング会社

   そんな話を耳にした矢先、彼から「話を聞いて欲しい」との声かけを受けて会食することに。突然の環境の変化にさぞやストレスが溜まってのガス抜き希望かと思ったのですが、意外や意外、血色はよくストレスどころか、むしろ逆に気力充実のご様子。自身が思い描く海外戦略の概要や、閑職にいる間にいろいろ気がつくところがあったのだろうと思しき社内整備策などについて、こちらがアドバイスする隙もないほど雄弁に語ってくれました。

「とにかく社内では長いこと存在を消された状態でくすぶっていたので、もうこのままサラリーマン生活は終わりを迎えるのかもしれないと諦めモードでいました。ところが、思いもかけず出番をもらうことになり、戸惑いはあるけれど本当にうれしい。今はあれもやりたい、これもやらなくちゃと、前向きなことばかりが次々アタマに浮かんでくる楽しい状況にいるわけです」

   私にはここ数年間、彼の元気なく覇気のない姿ばかりを見続けていたこともあって、完全復活した自分を見てくれと言わんばかりの話しっぷりに、こちらもうれしくなりました。そんな彼には特にお困りごともなさそうだと思って聞き役に徹していたのですが、「実はちょっとアドバイスがほしいことがあって」と、本題らしきテーマに話題が移行しました。

「社長のイスに座ってわかったことは、経営者たる社長の目の前にある仕事は必ずしも前向きなことばかりじゃなくて、人知れず対処すべき後ろ向きなこともあるということ。簡単に言えば、前社長時代の負の遺産処理。前向きな戦略はドンと来いなんだが、後ろ向きな話はどう対処すべきなのかまだよくわからなくて......」

   そう言いつつ話し始めたのは、前社長がサインしたコンサルティング会社と結んだ戦略コンサルティング契約の件でした。G社はここ何期か連続で赤字決算になったことで、取引銀行から中期戦略の練り直しを指示され、銀行を経由してコンサルティング会社を紹介され契約にいたったのだとか。

   当初契約の1年間はすでに終了し、さらに先方から言われるがままに、戦略実行アドバイザリーとして半年の継続契約を結んでしまっているのだと言います。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中