2019年 11月 12日 (火)

「酒」倒産が増えている 「小規模店舗守るため」の酒税法改正が裏目?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「改正酒税法」の施行(2017年6月1日)から1年が経過したが、酒類販売業者の経営状況は悪化しているようだ。帝国データバンクが「酒類販売業者の倒産動向調査」を2018年6月8日に発表。直近1 年の増加傾向が顕著という。

   改正酒税法は、継続的に総販売原価を下回る価格で酒類を販売することやリベートの一部規制など、行き過ぎた廉価販売を規制するのが狙い。値上がり一方で、今春には各ビールメーカーが業務用を中心にビール系飲料を値上げするなど、厳しい経営環境が続いている。

  • 小規模酒店の倒産が増えている(画像はイメージ)
    小規模酒店の倒産が増えている(画像はイメージ)

値上げしづらく、居酒屋はツライよ

   調査によると、酒類販売業者の2017年度の倒産件数は、前年度と比べて23.1%増の176 件と、4年ぶりに増加に転じた。

   業種別にみると、「酒類卸」が前年度比50.0%増の12件、「酒類小売」は33.3%増の32件、「居酒屋」は18.9%増の132件と、いずれも前年度に比べて大幅に増えた。なかでも、「居酒屋」は東日本大震災の発生直後でピークとなった2011年度以来の水準となっている。

   居酒屋や小売事業者では、改正酒税法が収益に及ぼす影響が注目されていた。施行からちょうど1年間となる2017年6月~18年5月の酒類販売業者の倒産件数は前年同期比16.7%増の182件だった(=別表参照)。

(出典:帝国データバンク調べ)
(出典:帝国データバンク調べ)

   改正酒税法による規制強化で、卸売り価格が上がる一方で、「居酒屋などは、消費者の反応を考えると、大幅な値上げはしづらい」(帝国データバンク情報部)との見方がある。各ビールメーカーが業務用を中心に値上げに踏み切るなか、消費者に価格転嫁できない「居酒屋」などの今後の経営への影響が懸念される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中