2020年 7月 13日 (月)

マイナビが障がいのある学生向けに企業説明会を初実施!背景に「法定雇用率」の引き上げ

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   就職サイト大手の「マイナビ」が、障害のある学生向けの就活サービスに本腰を入れ始めた。

   2018年12月3日に、20年以降卒業予定の障がいのある学生のための就職情報サイト「マイナビ2020チャレンジド』を開設。さらに来年3月5日には、合同企業説明会「マイナビチャレンジドセッション』を初めて開催する予定だ。

  • 障がいのある学生向けの就職情報サイト「マイナビ2020チャレンジド』(ホームページから)
    障がいのある学生向けの就職情報サイト「マイナビ2020チャレンジド』(ホームページから)
  • 障がいのある学生向けの就職情報サイト「マイナビ2020チャレンジド』(ホームページから)

説明会会場では手話通訳者などを配置

   オープンした就職情報サイト「マイナビ2020チャレンジド」では、「就活なんでもQ&A」や障害を持つ学生・社会人の「就活体験記」など、就活に対する不安を解消するための準備コンテンツを掲載している。

   採用情報が公開される2019年3月1日以降は、障がい者コースがある企業や、積極採用している企業の検索が可能になる。企業検索にあたっては、障がい別の雇用実績、どのような配慮があるかといった検索軸も用意する。

   合同企業説明会「マイナビチャレンジドセッション」は、来年3月5日に東京・水道橋にあるプリズムホールで開催する。

   参加学生には、障がいの内容や希望する配慮などを記入する「プロフィールシート」を用意。パンフレット掲載の企業情報には障がい別の雇用実績や障がいへの配慮などを載せ、学生と企業の相互理解がスムーズに行える仕組みを提供する。

   会場には手話通訳者、要約筆記者や看護師を配置し、通常イベントよりも通路幅や休憩コーナーを広げるなど、障害のある学生が安心して参加できるようにする。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中