2019年 10月 14日 (月)

伸長する「ダウンロードカード」の仕掛人が明かす、新しい音楽メディアの可能性

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   ダウンロード配信やサブスクリプション(定額制)サービスの台頭で、音楽が「データ」の形で所有され、共有されるものになって久しい。それにより、音楽CDはもちろん、オーディオ機器が売れなくなり、いまや「音楽もスマホで聴く」ものとなった。

   そうしたなか、ジワジワと注目を集めているのが「ダウンロードカード」。QRコードやインターネットのURLからアクセスすることで、スマートフォンやパソコンに音源をダウンロードできる。その手軽さと、コレクション欲を刺激する「モノ」としての魅力を備えた新しい音楽メディアだ。

   このダウンロードカードを制作する、ダイキサウンド(東京都港区)とクリプトン・フューチャー・メディア(北海道札幌市)がタッグを組み、2019年1月12日?19日までの1週間、東京・渋谷のタワーレコード渋谷店「CUTUP STUDIO」で「DOWNLOAD CARD SUMMIT 2019」を開催している。

  • クリプトン・フューチャー・メディアの笹原崇寛さん(左)とダイキサウンドの栗原幸祐さん(右)
    クリプトン・フューチャー・メディアの笹原崇寛さん(左)とダイキサウンドの栗原幸祐さん(右)

「ビックリマンシール」のノリで「音楽」を収集する魅力

   クリプトン・フューチャー・メディアの笹原崇寛さんによると、「ダウンロードカード」は「どこでも音源を楽しめる時代になり、ダウンロードやストリーミングのサービスが増えてくる中で、フィジカルとデジタルの間を埋めるものとして、ダウンロードカードの存在が浮上してきました」と話す。

   ダウンロードカード自体は、じつは14年前に存在して、当時はガラケーに着メロや着うたをダウンロードするためのものだった。それを2014年、スマホが普及してインフラが整い始めたことで、「再びスタートさせることになった」(笹原さん)。データとして音源を手に入れつつ、カードという「モノ」としても手元に残せるという点が大きな特徴だ。

   ダイキサウンドの栗原幸祐さんは、

「カードに絵柄を付けることで希少性も高められるし、複数パターンを目隠しして販売することで開封するときのワクワク感も醸成できます。僕自身もまさにカード世代。野球チップスのカードとかビックリマンシールとか、夢中で集めていましたね。そういう楽しみ方もユーザーの方々に共有してもらえたらうれしいです」

といって笑う。

   そうしたなか、今回の「DOWNLOAD CARD SUMMIT 2019」は、笹原さんと栗原さんが、ダウンロードカードの認知度アップを目指すことで意気投合。東京と札幌という距離を超えての飲み会をきっかけに、開催の運びとなった。

   他社がダウンロードカードを取り扱うようになり、タイトル数(楽曲数)が増えてきたのはここ1?2年のこと。リピーターの増加で売り上げが上がり、かつアーティストにも認知されてはきたが、「エンドユーザーにはまだまだ届いていない状況」(栗原さん)。そこを打開する。

タワーレコード渋谷店で開催中の「DOWNLOAD CARD SUMMIT 2019」のもよう
タワーレコード渋谷店で開催中の「DOWNLOAD CARD SUMMIT 2019」のもよう
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中