2019年 11月 19日 (火)

メディアお断りの「億り人」が書いた投資アドベンチャー【気になる本の散歩道】

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』(cis著)KADOKAWA

   株式投資の世界で「神」といわれる個人投資家cis(しす)さんの初めての著書『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』(KADOKAWA)が話題だ。

   「230億円」を稼いだ実績を持つデイトレーダーが、投資家としての半生を語る自伝。「元手の300万円をただただ溶かして104万円まで減らした」ビギナー時代から「一撃19億円」をたたき出すまでになる過程は、投資をめぐるアドベンチャー物語のようだ。

  • これは「億り人」cisさんの投資アドベンチャー物語だ!
    これは「億り人」cisさんの投資アドベンチャー物語だ!

「執筆の報酬は受け取りません」

   cisさんは、自身の株取引をツイッターでつぶやくことで知られる。フォロワーは25万人とも27万人ともいわれ、またネットの巨大掲示板「2チャンネル」の株板や金融関係のまとめサイトでも、その投資情報が取りざたされている。

   すでに何冊もの著書があっていいほどのカリスマトレーダーなのだが、これまでは一切なし。確定申告を面倒にしないため、またリスク管理を考えると、メディアへの露出はマイナスといい、雑誌やテレビの取材はほとんどを断り、本の出版など、考えもしなかったという。

   本書の出版は、マージャンを通じて10年以上の親交があるライターのススメに応じたもの。数回にわたるインタビューをベースに、そのライターが構成を手がけた。cisさんは「面倒なこと一切なし」と、ツイッターで印税などの報酬を受け取らない考えを明かしている。

   「この本は相場において、僕がどう考えて行動し、どう勝ってきたかについてまとめたもの」と、cisさん。あえてトライした初の書籍は、投資家向けの指南書というより、「一人の力で日経平均を動かす」までを一般向けに語ったノンフィクションだ。

   本人も「株の話が中心ではあるけれども、株をあまり知らない人でも読めるようになっていると思う」という。「順張り」や「逆張り」あるいは「押し目」「利確」などの専門的な言葉にも一つひとつ説明を施し、平易な言葉で語られている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中