2019年 6月 24日 (月)

1000万円プレイヤーと平均年収のヒト、「五月病」になりにくいのはどっちだ!

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ゴールデンウイークが明けたというのに、「なんだか働く気になれない」「やる気が出ない」なんていうビジネスパーソンは少なくないのではないか。なかには、「もしかしたら、五月病かも」と思っている人も......。

   じつは、五月病の感じ方には年収の多少で差があることが、人材サービスを手がけるパーソナルキャリアの調べでわかった。2019年5月9日に発表した。

  • なんかモヤモヤしている人、少なくないかも……
    なんかモヤモヤしている人、少なくないかも……

年収1000万円プレイヤーは4人に1人

 

   調査は、会社勤める年収1000~1100万円未満(1000万円プレイヤー)と、日本の平均年収である400~500万円未満(平均クラス)を比べた。それによると、「これまでに自分が五月病だと感じたことがあるかどうか」を聞いたところ、「ある」と答えた1000万円プレイヤーは24.3%で、4人に1人にも満たなかった。

   一方、平均年収クラスの人は33.5%と、およそ3人に1人が五月病と感じたことが「ある」と答えた。年収1000万円プレイヤーのほうが、五月病になりにくいのかもしれない。

   五月病と感じたことが「ある」と答えた人に、その原因を聞くと、年収の多少にかかわらず、どちらも「仕事の人間関係」という答えがもっとも多かった。

   ただし、1000万円プレイヤーは66.3%で、平均年収クラスが60.5%と、1000万円プレイヤーのほうが6,2ポイント高かった。一方、「給与・報酬」と回答した人は、1000万円プレイヤーが8.9%で、平均年収クラスは17.3%と、その差は8.4ポイントあった。

 

   ストレス解消法を聞くと、トップは両者とも「休養・睡眠」。次いで、1000万円プレイヤーは「スポーツ」が多いのに対して、平均年収クラスは「食べること」や「ショッピング」が突出している。

   ストレスを発散するにしても、1000万円プレイヤーはより健康を意識しているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中