2019年 8月 20日 (火)

「YOU」に込められた想い ジャニーさん語録にみる新人教育の心得

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   フォーリーブス、郷ひろみ、田原俊彦、近藤真彦、シブがき隊、少年隊、SMAP、嵐、KinKi Kids、タッキー&翼、関ジャニ∞、King & Prince......さまざまな男性アイドルを世に送り出したジャニーズ事務所代表取締役社長のジャニー喜多川さんが、2019年7月9日、逝去しました。ジャニーズ事務所は多くのスターを輩出。そして今も、次々と新しいスターを世に送り出しています。

   ジャニーズ事務所のタレントたちが魅力的であることは間違いありません。しかし、こうして彼らの魅力を引き出したのは、ジャニー喜多川さんの「新人育成に対する心構え」にあるのではないでしょうか。

   生前に彼が残した言葉から、その心構えを読み解いていきます。

  • 男性アイドルに夢中!
    男性アイドルに夢中!

「YOU」はジャニーさんの心遣い

   ジャニー喜多川さんは、所属タレントたちのことを「YOU」と呼ぶことで知られていました。「YOU」と呼ぶ理由には諸説ありますが、ジャニーさんが逝去された後、元・少年隊の東山紀之さんが「『YOU』と呼ぶのはジャニーさんの心遣いだった」と話しました。

   名前を間違われて傷つく人は少なくありません。他の人は名前で呼ばれているのに自分だけ「君」と呼ばれたら、「自分だけそう呼ばれるなんて、存在感が薄いのかもしれない」と考えてしまう人もいるでしょう。

   ジャニーさんは、タレントが傷つかないように、誰に対しても「YOU」という呼称を使っていたそうです。

「YOUはいいね」
「YOUたちはすごいよ」

   社長という立場の人が、「YOUたち」と気軽に声をかけることで、その距離がグンと縮まることもあるでしょう。若齢の青少年であれば、その効果は大きいはずです。

   こうしたささやかな配慮ができるからこそ、新人が伸び伸びと成長していくのではないでしょうか。

「どの子だってみんな人間の美しさってあるんですよね」

   ジャニーさんは、あるインタビューで「人間のどの辺を見る?」と聞かれた際に、こう答えました。

「みんないつかは自分が実るだろうという気持ちが当然あると思う。(中略)タレントは一生というのがあるから、このままポーンと捨てる気は全然ないですよね。彼らが生きる限りは絶対やっていかなきゃいけないという信念はありますよね」

   「この新人を、こういう風に育てたい」と理想像を抱き、そう育つように指導している上司は少なくないでしょう。実際にその通りに育てば、職場にて戦力となってくれるでしょうが、できないことをやれと言われて、途中で心が折れてしまう新人も少なくありません。

   すぐに成長しなくても、ゆっくりじっくり育てていく。できないからと言って見捨てない。ジャニーズ事務所のタレントが個性豊かでありながらも魅力的な人ばかりなのは、ジャニーさんのそうした心構えのおかげではないでしょうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中