2019年 12月 8日 (日)

「開幕まであと1か月」を英語で! 盛り上がり必至「ラグビー」ネタは早慶出身の管理職に効く(井津川倫子)

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   夏休みを終えて、羽田空港の到着ロビーで真っ先に目にしたのは「One year to go!」(開幕まであと1年!)の文字。「東京オリンピックまであと1年」とアピールする看板でしたが、ちょっと待った!その前にラグビー・ワールドカップ(W杯)があることを忘れていませんか?

   じつは、ラグビーネタこそ、ビジネスに効くのです。

  • もうすぐ!! ラグビーW杯(写真はイメージ)
    もうすぐ!! ラグビーW杯(写真はイメージ)

「巨人」を倒して「大番狂わせ」

   初のアジア開催となるラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開幕まで、とうとう1か月を切りました!

   ラグビー大ファンの私は、4年前の大会で強敵南アフリカを破った「史上最大の番狂わせ」の感動を、きのうのことのように思いだします。

   Japan marks one month to go until Rugby World Cup kicks off
(日本でのラグビーW杯開幕まであと1か月となった)
kick off:開幕
Japan's victory over South Africa is one of the great giant-killing acts
(日本が南アフリカに勝利したのは、最も大きな大番狂わせの一つだ)
giant-killing:大番狂わせ

   日本語でも使われる「giant-killing」(ジャイアントキリング)は、明らかに格上の相手から勝利をもぎ取ることで、サッカーの試合などでも使われるようです。じつは、前回W杯の南アフリカ戦で、体格的に勝る強豪チーム相手に懸命にタックルを仕掛ける日本人選手の姿こそ、まさに「giant-killing」! 直訳すると「巨人を殺す」で、聖書に描かれている、Giant(巨人)を倒す少年の物語がその語源だそうです。

   ところが、この「giant-killing」、海外ニュースではさほど頻繁に見かけません。調べてみたらイギリス英語のようで、アメリカ英語ではなじみが薄いようです。

   ちなみに、「大番狂わせ」という表現でよく使われるのは「upset」

   「It was a big upset」(それは大番狂わせだった)という使い方を覚えておくといいでしょう。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中