2019年 11月 21日 (木)

【日韓経済戦争】GSOMIAまさかの決断 韓国紙が伝える文在寅大統領「3つの理由」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「文大統領、真っ向勝負!」(ハンギョレ)、「何のための破棄なのか」(中央日報)、「理性失った」(聯合ニュース)......。

   2019年8月22日、韓国大統領府は日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA、ジーソミア)の破棄を発表した。「まさか」の挙に韓国メディアも「大喝采」と「失望」の賛否両論だ。

   文在寅(ムン・ジェイン)大統領が予想外の決断に打って出た理由は何なのか。韓国紙を読み解くと――。

  • GSOMIA破棄を聞き、ソウルの日本大使館前で喜ぶ「安倍糾弾」の市民たち(ハンギョレ8月23日付紙面より)
    GSOMIA破棄を聞き、ソウルの日本大使館前で喜ぶ「安倍糾弾」の市民たち(ハンギョレ8月23日付紙面より)

迷った時はスタートライン「国民の自尊心」に帰る

文在寅大統領
文在寅大統領

   8月22日、韓国大統領府に関係閣僚が集まり、国家安全保障会議(NSC)が開かれた。韓国メディアも大方の見方は「延長」だったが、発表の11分前に韓国大統領府の報道室に緊張が走った。中央日報(2019年8月23日付)「青瓦台、GSOMIA破った...... 韓日米の安保地形に亀裂」はその様子をこう伝える。

「GSOMIA終了は多くの専門家の予想とは違った結論だ。青瓦台関係者が発表11分前、メディアに報じる準備をするように『(印刷)輪転機は用意しておくほうがよさそうだ』と遠回しに話したほどだ。青瓦台によると、内部的にも『未来の韓日関係』を念頭に、GSOMIAを維持すべきだという流れが強かった。しかし、文在寅大統領が光復節(8月15日・解放記念日)の祝辞で『対話に出れば喜んで手を握る』とし、前向きな対日メッセージを出したが、日本からは何の反応もなかった」

   22日の当日になっても国家安全保障会議(NSC)のメンバーは迷っていたのだ。

「NSC常任委が開かれる直前までもGSOMIA延長について結論が出なかったという。青瓦台関係者が「『難しい時は原則が重要だと考える。それで原則通り決めた』とし『国家利益ということは名分も重要で実利も重要だが、国民の自尊心を守るのも重要だ』と発言したのと脈を同じにする」

   つまり、「迷った時は原則(スタートライン)に帰る」というわけだが、文政権の場合、原則は「国民の自尊心」だったというわけだ。しかし、韓国の政界や韓国メディアは「国民の自尊心を守るため」という大統領府の発表を額面どおり受け取っていない。文大統領の「まさかの決断」の裏側に何があったのか、主に3つの理由が指摘されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中