2019年 12月 8日 (日)

「専業主婦のお小遣い、月5万円は安い?高い?」女性の投稿が大炎上 専門家に聞いた

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「専業主婦です。夫から月5万円のお小遣いをもらっていますが、安すぎると思いませんか?」。こんな投稿が大炎上になっている。

   「何サマのつもり?うちの旦那だって月5万円以下だよ」という猛反発が大半だが、投稿者の夫が年収2000万円以上だということから、「確かに安すぎる」と同情の声も。

   内閣府の試算では「専業主婦の家事・育児労働の対価は年収304万円に相当する」という報告もある。専業主婦のお小遣い(報酬)はどうあるべきなのか。専門家に聞いた。

  • 専業主婦のお小遣い額はいくらがいい?
    専業主婦のお小遣い額はいくらがいい?

「夫は年収2000万円超なのに、安いと悲しくなった」

   話題になっているのは、女性向けサイト「発言小町」(2019年8月20日付)に載った「専業主婦の小遣い」という題の投稿だ。

「未就学児2人の母親、専業主婦です。夫はかなり多忙な専門職として働いており、ほぼ一人で家事、育児をしています。両実家とも遠方のため、頼れる人は身近にいません。専門職の仕事をしていた時は、自分のお給料から好きなものを買っていたのですが、今は夫に『買ってもらっている』という感覚になってしまい、それがしんどかったため、お小遣い制にしてほしいと伝えました」

   そこで夫が提案したお小遣い額が「月5万円」だった。服飾代、化粧品代、友人との外食費、母の日や子供の誕生祝いプレゼントなど全部含む。夫は年収2000万円を超えているというのに...。

「これを聞き、正直、私は安いと思いました。今の誰にも頼れない孤独な育児ははるかに辛いです。なら働けば?というお言葉も頂戴するかもしれませんが、子どもが病気しても誰にも頼れない、また、待機児童が多い地域なので、上の子と下の子が違う園になる可能性が高く、送迎、家事など全て私の役目になり、仕事復帰は難しいのです」

   この投稿に対して、「うわっ、高」「贅沢だ」「何サマのつもり」という激しい反発が9割以上あった。

「月1万円で十分です。子供の病気に備えて自宅待機なら化粧も基礎化粧品だけで十分。人妻ですから質素な方が好ましいですよ。同じ理由で服飾費も交際費も使う暇がないでしょう?子連れで高級レストランなんて行きませんよね?」

「専業主婦なら小遣いはゼロが多いのに、5万円ももらえるなんてびっくり。お子さんのママ友たちに『毎月のお小遣い5万円って、安いよね?』と聞いてみてはいかが? その時のママ友たちの表情がリアルな回答だと思いますよ」

「5万円は恵まれすぎでは? 毎日深夜まで働くサラリーマンでもなかなかもらえない額。うちの夫は昼食代込みで小遣い5万円。あなたの5万円には毎日のお昼代も飲み物代も入っていないのでしょう?」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中