2021年 1月 26日 (火)

がんを治したいなら便秘を治せ!? 薬草スムージーで病気退散のふしぎ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「濁った水を排出し、きれいな水を入れる」

   今、多くの日本人が便秘で悩んでいます。女性の場合、5割を超える人が便秘というデータもあるそうです。では、便秘の原因とは何でしょうか――。

   医師でもある大場さんは、

「大きく4つの要因に集約することができます。『繊雑不足』『水分不足』『運動不足』『ストレス』です。これらは、腸内環境を悪化させる原因であり、ひいては免疫力を低下させる』『がんの原因』と言い換えてもいいでしょう。もともと私たちの体には、誰にでも「自然治癒力」という、病気を治す奇跡のような力が備わっています」

と。

「その自然治癒力を最大限にいかすには、『身体に入ってくるもの』と『出ていくもの』のバランス、そしてストレスのバランスをうまくとらなければなりません。濁った池の水を、清く澄んだ水に変えるには、きれいな水を入れる前に、濁った水を排出する必要があります」

   そう、説明します。

   大場さんは、濁った水を排出し、きれいな水を入れていくことが、便秘の改善であり、究極のがん治療だと主張します。自然治癒力を活かした「がん治療」について、正しい知識を身につけたい人には絶好の一冊といえるでしょう。(尾藤克之)

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中