2020年 5月 26日 (火)

相手との距離感誤ると「地雷」を踏むかも 身に付けよう大人の危機管理術

印刷

   社会の複雑化や経済紛争、気象状況に自然環境の変化などと、さまざまな予測が困難になるなか、企業や自治体などでは「不測の事態」への対応が重視されている。

   危機管理マニュアルが作成され、いまでは社会や職場のあちらこちらに潜む危険に対応するため、個人レベルでも必須の処世スキルになりつつある。

   本書「地雷を踏むな ―大人のための危機突破術」は、そうした時世に合わせたサバイバル参考書。経験豊かな危機管理のコンサルタントが、現代の「転ばぬ先の杖」になるアドバイスを送る。

「地雷を踏むな ―大人のための危機突破術」(田中優介著) 新潮社
  • 「危機突破術」を身につければ、くよくよせずにすむ
    「危機突破術」を身につければ、くよくよせずにすむ
  • 「危機突破術」を身につければ、くよくよせずにすむ

どうすれば、世間で「地雷」を踏まずに済むか?

   著者の田中優介さんは危機管理コンサルタントで、社長を務める「リスク・ヘッジ」は、危機管理に特化した会社として国内では先駆け的な存在だ。同社は、田中さんの父、辰巳さんがリクルート勤務時代にマスコミ対応や、反社会的勢力対応などの業務を経験した。その中で、日本の企業の危機管理意識の低さを痛感したことで創業。以来、1万回以上のコンサルティングを行い、ノウハウを積み上げてきた。

   蓄積してきた危機管理に関する知見やノウハウは「現場で得られた」。そのため、学者らによる研究や分析、解説などとは違い、著者は本書が「実用的である」ことを強調する。

   現場での学習、経験を通じて「この危機管理のノウハウは、企業のみならず個人レベルでも通用する」という思いを強くしたことが、刊行の動機になったという。その内容は「どうやって世間で『地雷』を踏まずに歩いていくか、踏んだあとにどうすれば軽傷で済むかについてのマニュアル」だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中