2021年 7月 25日 (日)

【株と為替 今週のねらい目】新型コロナウイルス「パンデミック」宣言! 世界に連鎖する株安の嵐(3月16日~19日)

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

東京外国為替市場 米追加利下げは織り込み済みだが......

ドル・円予想レンジ:1ドル=105円00銭~108円00銭

   2020年2月28日(金)終値 1ドル=107円91銭

   今週の外国為替市場でドル円相場は、ドルが不安定な動きとなりそうだ。

   前週のドル円相場は、ドルが大幅安となった。WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスについて「パンデミック」(世界的大流行)を宣言したことや、原油価格の急落などで、リスク回避のドル売りが急増した。ドルは一時、1ドル=101円台に突入した。

   今週のドル円相場は、ドルが不安定な動きとなりそうだ。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、引き続きリスク回避のドル売り要因となるが、17、18日に開催されるFOMCでの米国の追加利下げは相場に織り込まれており、これがドル売り材料となることはないだろう。

   むしろ、日銀の追加緩和や各国の経済対策が発表されるようであれば、ドル買い材料として反応する可能性は高い。

   経済指標は、国内では16日に1月の機械受注、18日に日銀金融政策決定会合(19日まで)、2月の貿易統計、2月訪日外国人客数、19日に日銀の黒田東彦総裁会見、2月の消費者物価指数などが予定されている。

   海外では、16日に中国の2月の工業生産と小売り売上高、17日にFOMC(18日まで)、米国の2月の小売り売上高と鉱工業生産、18日にパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長会見、2月の米住宅着工件数、19日に10~12月期の米国経常収支などが予定されている。

(鷲尾香一)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中