2020年 10月 22日 (木)

【株と為替 今週のねらい目】相場は「新型コロナ」次第、日米で感染広がる(4月6日~10日)

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!
米国で、新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。日本でも、感染者が東京を中心に連日増え続けており、非常事態宣言やロックダウン(都市封鎖)への懸念がくすぶっている。引き続き、投資家のリスク回避の姿勢が続きそう。

   相場は「新型コロナ」次第。どうなる? 今週の株式・為替マーケット!

  • 「非常事態宣言」安倍首相、どうする?
    「非常事態宣言」安倍首相、どうする?
  • 「非常事態宣言」安倍首相、どうする?

東京株式市場 東京「ロックダウン」の可能性は?

日経平均株価予想レンジ:1万6500円~1万8500円

   2020年3月27日(金)終値 1万7820円19銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、下値を模索する展開か。

   前週の日経平均株価は、新型コロナウイルスの感染者数の急増と欧米を中心として、新型コロナウイルスによる死亡者数が急増していることを嫌気して下落した。加えて、政府による非常事態宣言の発動や東京のロックダウン(都市封鎖)への警戒感が、日経平均株価の上値を重くした。

   今週の日経平均株価は、新型コロナウイルスの感染者数が急増を背景に、下値を模索する展開となりそうだ。

   特に、政府による非常事態宣言が発令する可能性は日々高まっており、同時に東京がロックダウンされる可能性の高まりも、日経平均株価の下げ要因になっている。3月の米国雇用統計で非農業部門雇用者数がマイナスに転じるなど、新型コロナウイルスの影響が経済指標に表れてきている。

   今週は経済指標の発表が相次ぐことから、結果には注意が必要となる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中