2020年 8月 5日 (水)

【きょうの格言】「授かりもの」の意味を噛みしめる 計画どおりに行かないの が人生だ!(丸の内ミカ)

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   みなさん、こんにちは。丸ノ内ミカです。 新型コロナウイルスによる緊急事態が長引いていることで、これまで当たり前のように 行われてきたさまざまなことに影響が出ています。働き方、経済活動、教育活動は言うに 及びませんが、「厳密には緊急ではないけれども、当事者としては急を要するもの」の一 つとしてクローズアップされているのが、「不妊治療」いわゆる「妊活」です。

   今回は「妊活」を通して、ココロの持ちようを考えてみたいと思います。

  • 妊活、がんばったけど……
    妊活、がんばったけど……
  • 妊活、がんばったけど……

就職、キャリア形成、結婚...... 計画どおりに歩いていた

   日本は「不妊治療大国」といわれるほど妊活が盛んですが、当事者の声はあまり表には 出てきません。妊活をカミングアウトする人はごく少数。それだけセンシティブなこと で、あれこれと周りに詮索されたくないというのは、女性としてはごく自然な心理なので す。 でも、そのような内容だからこそ、その心理の奥を探れば、その女性のアイデンティ ティにまで行きつくほどのホンネが出てきたりもするのです。

   今回、「自分の経験が読者の参考になれば」と、激動の時代を生き残るためのスキルを 策定していく「丸の内サバイバー女子会」メンバーのY香さんが取材に応じてくれまし た。

   Y香さんは大学卒業後、大手金融会社にキャリア職として入社。バックオフィスである 総務系の部署で内部管理業務を担当。華々しいキャリアではありませんが、それでも30代 半ばまで大きな挫折もなく、キャリア人生を邁進してきました。

   結婚は35歳の時ですが、それも前々からライフプランを戦略的に練ったうえでの、「あ えて」の35歳だったといいます。20代で結婚・出産するのは、キャリア形成の上ではリス クが大きいと判断。34歳くらいまではキャリアアップや自己投資に時間を使い、35歳をメ ドに結婚。そして出産と「計画した」そうです。

「会社には、42歳で初産だった先輩もいたので、30代後半で結婚しても、妊娠にはなん ら問題ないと思っていました」

   Y香さんは子供の時から、締め切り日から逆算して宿題をやるような計画的なところが あり、学歴も、仕事も、結婚も、すべて手堅くやってきたので、「『妊娠出産』もうまく いくものと信じて疑っていませんでした」。

丸ノ内ミカ(まるのうち・みか)
丸ノ内ミカ(まるのうち・みか)
早稲田大学第一文学部を卒業。金融系大手企業に就職してから、一貫して事務職やっています。10歳年下の夫と二人暮し。野球が大好き。シーズン中の週末は、ほぼどこかの球場に出没。東京・多摩出身。40代後半のアラフィフ。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中