2020年 12月 3日 (木)

【尾藤克之のオススメ】「イエモン」のロック・バラード「JAM」が教えてくれること

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   私たち人間は、誤解や勘違いなしでコミュニケーションをすることができません。なぜなら、誰もが「バイアス」を通して物事を見ているからです。

   本書は、さまざまなバイアスについて学び、人間関係やコミュニケーション問題を改善したり、会話をコントロールしたりするテクニックをわかりやすく解説します。

「勘違い」を科学的に使えば武器になる(堀田秀吾著)秀和システム
  • 「航空機内に日本人の乗客は……」(写真はイメージ)
    「航空機内に日本人の乗客は……」(写真はイメージ)
  • 「航空機内に日本人の乗客は……」(写真はイメージ)

飛行機事故のニュースで聞く「乗客に日本人はいませんでした」

   「JAM」(ジャム)は1996年2月29日に発売されたロックバンド「THE YELLOW MONKEY」9枚目のシングルです。累計80万枚のセールスを記録しています。歌詞には、外国で飛行機が墜落したとき、ニュースキャスターが「乗客に日本人はいませんでした」とうれしそうに言う光景が、非常に印象的に描かれています。

   本書の著者の堀田秀吾さんは、

「乗客に日本人がいたか気になるのは、日本人なら当たり前の感覚かもしれません。ただ、 飛行機事故が起きた時点で、とてつもない悲劇が起きているわけです。『JAM』の歌詞は、日本人が犠牲にならなかったことを喜ぶあまり、犠牲者に対する思いが薄れてしまってはいけないと気づかせてくれます」

と、言います。

「内集団バイアスは、多くの人が自分の家族や自国を大切に思うように、普通にあるものです。無理になくそうとするのではなく『JAM』の歌詞のように、外からの視点を自分の中でたくさん持てるように意識することが大切です。どれだけ日本が大好きでも、ほかの国に敵意を持つ理由にはなりません」

   ヴォーカルの吉井和哉さんは2015年のトライアド復活ライブ『TRIAD ROCKS -Columbia vs Triad-』において飛行機事故のニュースに関して次のように語っています。

「今聞くとウソみたいと思うかもしれないけどさ、昔は外国で飛行機事故があったとき、ニュースキャスターは笑顔で『乗客に日本人はいませんでした』って言ってたんだよ。そう考えると、この曲(JAM)を作ってよかったんだと思える」

   堀田さんは、内集団を大切に思い、評価が高くなるのはよいことですが、 同じような視線を外集団にも向けられるように意識すべきだと指摘します。

(注)「内集団」とは、個人が自らをそれと同一視し所属感を抱いている集団のこと。「外集団」とは、「他者」と感じられる集団で、競争心、対立感、敵意などの対象になりやすいもの。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中