2020年 7月 7日 (火)

「ドクターX」は、なぜ必ずヒットするのか? 日本人ならみんな大好き「女×孤高の存在×すごい実力」の法則とは(生野あん子)

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   全6シリーズ、1作も「失敗」しなかった名作――。いやあ、何度見てもおもしろいですね。米倉涼子主演の大人気ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」シリーズ。コロナ禍の影響で、「おうち時間」を過ごすことが長くなっている昨今、過去のドラマを「イッキ見」している方も多いでしょう。

   なかでも、「ドクターX」全6作は、多くの動画配信サービスで人気のよう。改めて見返すと、その人気の理由は「女主人公×孤高の存在×すごい実力=ヒット作」の法則に倣っていることがわかります。

  • 「ドクターX」全6作は大人気だった(写真はイメージ)
    「ドクターX」全6作は大人気だった(写真はイメージ)
  • 「ドクターX」全6作は大人気だった(写真はイメージ)

痛快! 古い組織を女性が変える

   人気の理由をさぐると、まずは主人公が女性であること。「私、失敗しないので」が決めゼリフの天才フリーランス外科医、大門未知子は、旧態依然とした大学組織の医師(もちろん、ほぼ男性というか、組織に囚われたおじさんたちです)を圧倒していきます。

   その様子は、「旧組織をぶっ壊す新しい風」を鮮やかにイメージさせ、視聴者に爽快感を与えるんですね。

   大門未知子は上司に媚びず、古い空気に染まりません(=孤高の存在)。それはとりもなおさず、手術の腕前が突出しているからですが(=すごい実力)、古めかしい因習に囚われたおじさんたちの中に紅一点(=女主人公)という設定が、これらの設定を鮮やかに際立たせるのです。

   閉塞感で押しつぶされそうな、現代のビジネスマンにとって、大門未知子はまさに「ヒーロー的存在」。女性がそれをやるからこそ、わかりやすく「組織VS個人」の対立を描くことができる面はあるでしょう。

   そして、その源流は前回書いた篠原涼子さん主演のドラマ「ハケンの品格」にも見られるのです。

   参考リンク:J-CAST会社ウオッチ「えっ、その時給、安すぎじゃないですか...... 『ハケンの品格』の大前春子は時給3000円 !」(2020年4月23日付)

kaisha_20200324165529.png
生野あん子(しょうの・あんこ)
30歳代の会社員。映画、小説、ドラマなど、どんなコンテンツにもつい、社会的背景を思い描いて批評しようとする精神性の持ち主。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中