2020年 12月 6日 (日)

発売1か月で早くも3刷! 落合陽一さんが説く「働き方5・0」とはなんだ?

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   メディアアーティスト、コンピューター研究者の落合陽一さんは、ホリエモンこと堀江貴文さんが「現代の魔法使い」と呼ぶなど、近年、とくに注目が高まっている若手論客の一人だ。

   新型コロナウイルスの影響で社会の様相が変わり、新聞やテレビでは、国内外の識者らへのインタビュー企画が続いているが、若者らのあいだではおそらく、この落合さんの発言が待たれていたのではなかろうか。それに応えるようにように出版されたのが、本書「働き方5.0 これからの世界をつくる仲間たちへ」。発売1か月で早くも3刷を重ねている。

「働き方5.0 これからの世界をつくる仲間たちへ」(落合陽一著)小学館
  • コロナで社会の様相が変わり「働き方」にも影響が……
    コロナで社会の様相が変わり「働き方」にも影響が……
  • コロナで社会の様相が変わり「働き方」にも影響が……

落合陽一さんが提示する「これからの世界」

   本書は、2016年4月に出版され、ロングセラーになっていた「これからの世界をつくる仲間たちへ」(小学館)をベースに、新型コロナウイルスの影響で「これからの世界」の見通しが変わってきたことを受けて、新書化した。

   当初想定されていた「これからの世界」では、「AIをはじめとするデジタル技術の進歩によって、人間がやっていた仕事がどんどん機械に代替されるようになっていき、それに我々が適応していくのは間違いない」ことだったが、コロナ禍でそれが加速し、一方で事態が倒錯してきている。

   「機械に仕事を奪われるどころか、すでに人間がシステムに組み込まれた状態になっている場面が見られる」のがその一つ。飲食店から食事を配達するウーバー・イーツがその典型という。「注文や決済など、ほとんどの仕事はサーバー上で自動的にされて、品物を届けるところだけ人間が請け負う。人間が機械を道具として使うのではなく、見方によっては機械が人間を道具として使っていると考えることもできる」と落合さん。

   2020年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、多くの企業でテレワークが実施されるなど、「『働き方』について大きな変革を迫られる年」であり、「ヒトとヒトとの『非接触型式インターフェース』の浸透を社会に促した」年という。ウーバ―・イーツもその延長線上にあるといえる。

   新型コロナの以前から、コンピューターやインターネットが発達を続け、近年はAI(人工知能)の進化が目覚ましい。そのなかで、人間が直面する命題は「私たちがやるべきことは何か」ということ。「人の物理接触がデジタルに置きかえられるポストコロナもしくはウィズコロナの世界では、それがいっそう問われることなる」。このことが、「これからの世界をつくる仲間たちへ」の新書版刊行の理由だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中