2020年 9月 18日 (金)

コロナ禍でさらに厳しいミドル転職 後悔したくない人へ 書き込み式で準備できる「ノート」

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   新型コロナウイルスの感染拡大で、産業界は様相が一変し、業績悪化に苦しむ企業が少なくない。信用調査会社の調べだと、2020年1~6月に早期・希望退職者を募集した上場企業は前年同期と比べて2倍超になった。「沈む船」から、どうやって降りるか悩んでいる人もいるだろう。

   本書「35歳からの後悔しない転職ノート」は、人材採用に長く携わった著者が、転職市場の知られざる実情を明かし、転職に臨む人たち、また臨まざるを得ない人たちが「納得いく働き方を見つける」ための参考書として上梓した一冊。

「35歳からの後悔しない転職ノート」(黒田真行著)大和書房
  • 35歳からの職探しは、その後の人生について綿密に考えてから……
    35歳からの職探しは、その後の人生について綿密に考えてから……
  • 35歳からの職探しは、その後の人生について綿密に考えてから……

「求人ありき」のサービスからの転換

   著者の黒田真行さんは、株式会社リクルートで求人情報誌や転職情報誌の関西版編集長を経て、2005年から8年間、転職サイト「リクナビNWXT」編集長を務めた。2014年に「ミドル世代の適正なマッチング」を目指して会社を設立。35歳以上に特化した転職支援サービスを運営している。

   著者が35歳前後のミドル世代専門に転職支援を行うことにした理由は、この世代の転職となると実力に関係なく年齢だけで不採用になりがちなためだったという。

   そこで新しいタイプのサービスとして、従来型の「求人ありき」ではなく、転職希望者に職務経歴を登録してもらい、それを経営者に提案するやり方を進めてきた。

   この新方式による事業で、求人頼りのサービスで不可能だった需要の掘り起こしができるようになった。その一方で「求職者側に、ミドル転職の難しさがまだまだ知られていない、というもどかしさをずうっと感じてきた」と著者。そのことが、本書を出版した動機の一つだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中