2020年 9月 21日 (月)

【馬医金満のマネー通信】ソフトバンクの「上場株」投資に注目 孫社長、コロナ禍は平時の「やんちゃ投資」から転換

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   みなさん、こんにちは。馬医金満です。

   ソフトバンクグループが2020年8月11日、21年3月期第1四半期(2020年4~6月期)決算を発表しました。

   最終損益が1兆2000億円超の黒字で、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で巨額の赤字に陥った20年3月期決算から一転。保有していた米国の携帯電話会社大手、TモバイルUSの株式を売却したことで利益が押し上げられました。

   誰もが知っているソフトバンクの、新たな投資先についてみてみました。

  • ソフトバンクの新たな投資先は?(写真は、孫正義社長、2010年5月撮影)
    ソフトバンクの新たな投資先は?(写真は、孫正義社長、2010年5月撮影)
  • ソフトバンクの新たな投資先は?(写真は、孫正義社長、2010年5月撮影)

株式売却で大赤字から一転、黒字決算に

   ソフトバンクグループの2021年3月期第1四半期決算によると、最終利益は前年同期比で11.9%増の1兆2557億円となりました。

   新型コロナウイルスの影響による金融市場の動揺で、投資先の企業の価値が下がり、20年3月期の1年間の決算では9000億円超の最終赤字に陥りました。その後、保有していた米国の携帯電話会社大手、TモバイルUSの株式の一部を売却したことなどで、この期間としての利益を押し上げました。

   ソフトバンクは今年3月に財務状況を改善するため、1年かけて4兆5000億円分の資産の売却を進める方針を明らかにしました。この6月までに、TモバイルUSの株式のほか、通信子会社のソフトバンクの株式の一部を売却したことなどで95%余りの4兆3000億円分を完了したとしています。

   ご存じのように、現在のソフトバンクは「投資会社」と言っても過言ではありません。そんな中で、今まではソフトバンク・ビジョン・ファンドのように、ベンチャー企業の未上場株の取得に力を割いていましたが、最近は上場株の保有にも力を入れており、米国の規制当局である証券取引委員会(SEC)に8月17日に提出した文書で、20年6月末時点で米アマゾンやマイクロソフトなどの25銘柄を保有していることを明らかにしました。

   ソフトバンクは資産売却で得た資金などを新たに運用するため、4~6月に1兆円超を上場株に再投資しており、そのうち半分強の5649億円を売却。654億円の売却益を確保しています。

   孫正義会長兼社長は8月11日の決算会見で、上場株投資を行っていることに触れ、「中長期の『情報革命』を推進するうえで、上場企業にも重要な会社がいくつもある。われわれが詳しいIT分野に集中したい」と戦略的な意味についても説明しています。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中