2020年 10月 24日 (土)

【コロナに勝つ!ニッポンの会社】ローカライズ進むコワーキングスペース 都市ではマッチング狙い異業種が参入

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   コロナ禍の長期化気配が強まるなか、コワーキングスペースの開設ラッシュの波が、ディープなエリアのローカルタウンに及んだり、また都市の中では異業種の参入を招くなどの誘い水になっているようだ。

   新型コロナウイルスの感染拡大で加速したテレワークが後押ししている。

  • 島根県出雲市のコーヒー店、「完全個室」のコワーキングスペースを設けた。
    島根県出雲市のコーヒー店、「完全個室」のコワーキングスペースを設けた。
  • 島根県出雲市のコーヒー店、「完全個室」のコワーキングスペースを設けた。

「オトナキチコーヒー」がオープン、誹謗中傷を避ける狙い

   島根県出雲市の名所、出雲大社の表参道、神門通りで縁結び事業や喫茶店を経営する株式会社まるこは、市内の出雲市役所に近いところに2020年9月29日、「完全個室のコワーキングスペース」を備えたコーヒー店「オトナキチコーヒー」をオープンする。

   島根県では8月、高校で新型コロナのクラスター(感染者集団)が発生。関連の感染を合わせ感染者数は100人を超える規模に発展した。同店によると、県内では感染者に向けた誹謗中傷があり、「人と人との距離が近くて良い反面、田舎の悪い面が露呈した。田舎では感染することよりも、誹謗中傷を受けるのではないかという怖さがある」という。

   そこで同店では、感染予防に加えて、感染を疑われて受ける誹謗中傷を避ける目的から、「完全個室のコワーキングスペース」を備えたコーヒー店の設置を計画。地域でもテレワークで働く人が増えたことを受けて、個室のほか、遊牧民のゲルをイメージしたテントスタイルの商談ルームと、ハンモックでくつろげる空間など3つのセクションを用意した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中