2020年 10月 26日 (月)

テレワークを加速! クラウド利用で「ハンコ出社」が要らなくなる?

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   新型コロナウイルスの感染拡大で一気に加速したテレワーク。しかし、多くの企業でネットワークやITインフラの整備が、現状の業務フローに対応できず、相変わらず「ハンコ」一つのために出社するというバカげたことが起きている。

   そんなケースが解消しないために、在宅勤務に踏み切れない企業も少なくない。ウィズコロナ時代の働き方のメインになるとされるテレワークだが、今後の普及拡大のテコになるのは、利用の自由度が高いクラウドサービスだ。

   本書「図解まるわかり クラウドのしくみ」は、まだ多くの人にとってわからないことが多いクラウドについて詳しく解説。コロナ禍ではとくに、多くの働く人にとって必携といえる一冊になっている。

「図解まるわかり クラウドのしくみ」(西村泰洋著)翔泳社
  • 「クラウド」を知ろう!
    「クラウド」を知ろう!
  • 「クラウド」を知ろう!

オンデマンド動画、ドラレコも

   新型コロナウイルスの感染が広まっていた当初は、パソコンとその周辺機器や通信環境などを社員個人に依存して、テレワークをスタートした企業が少なくなかった。こうしたにわか仕立てのテレワークでは、社員のリモートアクセス権が不十分で業務が滞ったり、外部からの社内ネットワーク接続が集中したりすることでITインフラへの負荷が増大するなどの課題が浮き彫りになった。

   これらの課題はとりあえず応急処置でしのげたが、今後もテレワークから回帰した、以前のような出勤体制が主流になるとは考えにくく、テレワークやリモートアクセスの常態化に備えて、抜本的対策を取らなければならない。考えられるのは、自社システムの増強・拡張か、クラウドサービスの利用だ。

   クラウド(クラウドファンディングのクラウドとは別)の用語そのものは、よく使われるようになっており、知らないという人は少ないだろう。だが、どういうものかとなると、ネットワーク上にあるストレージのように考えている人が多い。

   クラウドは保存しておくだけではなく、保存してあるものを共有して利用することができる。DVDをパソコンや専用端末にセットして見ていた動画をオンデマンドで閲覧できるようになったのも「クラウドの貢献」。ドライブレコーダーが取得した映像をスマホで確認できることもクラウドがあればこそだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中