2020年 11月 26日 (木)

コロナ禍で社員の帰属意識は薄らいだ? 会社への「ワクワク度」を測ってみたら......(大関暁夫)

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   コロナ禍対策によるテレワークなどの進展で、組織内における人と人のつながりが希薄になりがちになり、組織の求心力強化が注目を集める最中、興味深い調査が公表されました。法政大学大学院の石山恒貴教授が中小企業に勤務する社員1000人を対象に行なった、「働く姿勢と組織に関する調査」がそれです。

   石山教授によれば、この調査は階層別「会社ファン度」を測るのが目的。「会社ファン度」は、その社員の「会社への誇りと満足」と直結しているものだそうです。「自分の会社が好きか」と「会社にいけることにワクワクするか」という、「会社への誇りと満足」について言葉を変えて聞いた2つの質問に対する階層別回答の比率の違いに、かなり興味深い結果が出ています。

  • コロナ禍で社員の帰属意識は薄らいでいる?
    コロナ禍で社員の帰属意識は薄らいでいる?
  • コロナ禍で社員の帰属意識は薄らいでいる?

一般社員の「会社への誇りと満足」は低すぎ!?

   まずは、調査結果の一覧は以下のとおりです。

Q自分の会社が好きか
あてはまる  :役員(64.1%)部長(45.4%)課長(36.5%)一般(26.9%)
どちらでもない:役員(28.2%)部長(32.1%)課長(32.9%)一般(42.9%)
あてはまらない:役員( 7.7%)部長(22.5%)課長(30.5%)一般(30.2%)

Q会社にいけることにワクワクするか
あてはまる  :役員(27.4%)部長(16.9%)課長(16.1%)一般(11.6%)
どちらでもない:役員(45.3%)部長(39.4%)課長(28.5%)一般(25.4%)
あてはまらない:役員(27.4%)部長(43.8%)課長(55.4%)一般(63.1%)

   「会社が好きだ」と断言できる社員が、役員では60%を超え、部長でも5割近くいるのに対して、一般社員では3割に満たないという大きな差が出ています。一方で、「会社にいけることにワクワクするか」について「あてはまらない」と答えた社員は、役員では3割以下にとどまっているのに対して、一般社員では6割以上にものぼっています。

   冒頭にも述べたように、今のコロナ禍において企業では、テレワークの浸透や職場でのソーシャルディスタンスを意識するがゆえの社員間距離の拡大もあり、一般に社員の組織帰属意識が薄らいでいくのではないか、という懸念が広がっています。

   その意味では、この2つの質問の結果が示唆する「会社への誇りと満足」の度合いを高めることが、企業がどのような状況下にあっても、組織の求心力を高めることにつながると言えそうです。

   それにしても、この調査結果を、どうとらえたらいいのでしょうか――。組織内で地位の高い人の「会社への誇りと満足」が高いのは当たり前とも言えますが、やはり気になるのは一般社員の「会社への誇りと満足」の低さのほうでしょう。

   大企業であるならば、企業のネームバリューや知名度、あるいは上場企業であるという事実が、その組織で働く者の帰属意識やモチベーションを向上させるということも大いにあるわけですが、中小企業ではそれは期待できません。

   とはいえ、会社が好きではない、会社にいけることにワクワク感がない、そのような社員が中小企業では6割以上を占めているという現実には、愕然とさせられました。

   コロナ禍での職場環境変化によっては、社員の転職、退職による定着率の低下を想像以上に容易ならしめるのではないかとも思えるわけで、中小企業経営者にとっては由々しき数字であることは間違いないでしょう。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中