2020年 11月 27日 (金)

ユニクロ「ジル・サンダー」に韓国の若者も殺到! 韓国紙が嘆き節「不買運動なんてホントにあったの?」 【日韓経済戦争】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   ユニクロが世界的なファッションデザイナーのジル・サンダーさんとコラボした商品が大人気となっている。名古屋市のユニクロ店では、商品の奪い合いからマネキンが倒れ、ガラスが飛び散るパニックになった。

   韓国でも長い行列ができ、店内は「闇市」のような騒ぎが起こった。「反日」のシンボルだったユニクロに群がる若者たちに、韓国メディアは「日本製品不買運動などなかった...」と嘆いている。

  • 難民救済の面でも韓国紙の評価が高い「ユニクロ」の柳井正氏
    難民救済の面でも韓国紙の評価が高い「ユニクロ」の柳井正氏
  • 難民救済の面でも韓国紙の評価が高い「ユニクロ」の柳井正氏

「押し合い、奪い合い、名古屋ユニクロ地獄絵図」

   ヘイドメリー・ジリーン・サンダー、通称ジル・サンダーさん(76)は、ドイツ出身の伝説的なファッションデザイナーだ。ユニクロが彼女と11年ぶりにコラボしたコレクション「+J」(プラスジェイ)が2020年11月13日から、全世界で販売を開始した。

   すっきりとした端正なデザインで、ファッション・マニアたちに愛されているブランド「ジル・サンダー」は、コートやスーツの価格が数十万円台に達する。それが「+J」では10分の1にも満たない価格で購入できるとあって、全世界のユニクロ店舗には発売日に合わせて人々が殺到した。

   名古屋市のJRゲートタワー店では、マネキンが折られ、ガラスが散乱する目も当てられない惨事となった。 ネット上では、「名古屋ユニクロ地獄絵図」がトレンドワードになり、

「押し合い、奪い合い、備品ガラス破損、マネキン追い剥ぎ、こども号泣、服散らばり、踏まれまくり、密でマジカオス。これはみな転売ヤー? 整理券や入場制限しないユニクロが悪い」

などと書き込まれた。

   実際、フリマアプリでは、たとえばウールブレンドジャケット1万5900円(定価)が6万円~10万8000円などで即日アップされた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中