2020年 11月 24日 (火)

コロナ禍の今こそ、ウチの会社の「一品」を探そう!

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   コロナ禍でお客や売り上げの減少に悩んでいる店や企業は多いだろう。その突破口は、「自社の財産」にあると勇気づけてくれるのが、本書「「会社に眠る財産」を掘り起こせ」である。「自社の財産を核に自社ならではの変化」を、自分たちの手で起こす方法論が詳しく書かれている。

   探し出すべき財産がつまった商品、その一品を探し、伸ばし、広げ、磨き続けることにより、あなたの会社は誇り高き「オンリー・ナンバーワン企業」への成長する、と鼓舞している。

「「会社に眠る財産」を掘り起こせ」(岡村衡一郎著)朝日新聞出版
  • 人気のロールケーキに、ますます磨きをかける!(写真はイメージ)
    人気のロールケーキに、ますます磨きをかける!(写真はイメージ)
  • 人気のロールケーキに、ますます磨きをかける!(写真はイメージ)

一品を探し、伸ばし、広げ、磨き続ける

   著者の岡村衡一郎さんは1971年生まれ、亜細亜大学卒。船井総合研究所を経て、2004年スコラ・コンサルタント入社。150社を超える企業変革を支える。支援先の起源や今あるリソースを足場に、「あるもの」から「ないもの」を生み出す一品イノベーションに多くの経営者ファンを持つ。著書に「30代でチームリーダーになったら最初に読む本」「一品で会社を変える」(ともに東洋経済新報社)がある。

   本書は、

(1) 飛躍の糸口になる「自社の財産」の中にある一品の探し方
(2) 「地域で一番」のシェアを目指す一品の伸ばし方
(3) 一品を伸ばすと、次の一手が見えてくる一品の広げ方
(4) 一品を磨き続けること

――。この4章からなる。

   まず、会社のもっとも重要な財産は「商品を生み出す過程で身につけた固有の技能」だとしている。それを知るうえで重要になるのが、「創業から現在までどのような道のりをたどって成長してきたのか」「売るために、お客様の支持を得るためにどんな努力をしてきたのか」をつかんでおくことだという。

   具体的には「創業から現在まで」を6分割し、A3一枚の紙に、「商品の内容、売れ行きや状態」「自社の取り組み」「顧客動向」「市場・他社の動向」について書きこんでいく。この作業は経営者を中心に社内各部署から集めたキーパーソンに加え、特別に招待したオブザーバーを加えた数人であたる。過去の資料を読み込み、議論を尽くす。

   岡村さんは、「タイムマシンに乗って宝物を探しに行こう」と表現している。この作業に早くて10時間、遅くても30時間が必要だそうだ。

   その結果、見つかった一品は、「それがなければ売上がつくれない商品」であり、どんな業種の商品であれ、「価格破壊型」「ディスカウント型」「価値改良型」「価値革新型」のいずれかに分類されるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中