2021年 6月 13日 (日)

小沢一郎氏も「あまりに残酷な物言い」と激怒した麻生財務相の「一律の10万円給付はやりません!」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
「前回のような全国民一律の10万円給付はやるつもりはありません!」

   新型コロナの緊急事態宣言が再発令されたが、麻生太郎財務相は20201年1月19日の記者会見で、はっきり言い切った。

   困窮世帯や減収世帯に限った支給についても、

「考えにくい」

と否定した。

   ネットでは、10万円給付の是非よりも、その木で鼻をくくったような麻生節の物言いに、

「あんたのカネじゃない。われわれの税金だ」

と、怒りの声が殺到している。

  • 一律10万円の再給付「するつもりはない」と切って捨てた麻生太郎財務相(2020年3月、参議院インターネット動画より)
    一律10万円の再給付「するつもりはない」と切って捨てた麻生太郎財務相(2020年3月、参議院インターネット動画より)
  • 一律10万円の再給付「するつもりはない」と切って捨てた麻生太郎財務相(2020年3月、参議院インターネット動画より)

「ワアワア歌ったり、怒鳴ったりする所にカネを出す」

   1月19日に行われた麻生太郎財務相の会見の一部始終を、テレビ東京の官邸キャップ篠原裕明記者がYouTobe上にアップした動画「給付金の再支給ありますか? と麻生大臣に聞いたら...」で見ると、麻生氏らしい「物言い」にあふれたものだった。

   篠原裕明記者が、

「11都府県に緊急事態宣言が出されて、日に日に前回の緊急事態宣言時のように全国民一律の10万円定額給付金を求める声が高まっています」

と聞くと、麻生氏はジロリと篠原記者が見ながらこう語った。

「昨年出した時は、とにかく簡単な方法だと。一律10万円だからもっとも簡単ですぐ配れると。あんたのところ、テレ東さんもそう報道したんだよな。ところがそうはいかなかった。いろいろあって配るのが遅れた。私ども、いろいろと経験を積ませてもらいました。効果的な対策を講じるにはと考えるとだな...」

と述べて、今回の緊急事態宣言の話に移った。

「今回は、ほら、あのワアワア歌ったり、怒鳴ったりするところ。飲食店か。営業時間の短縮を要請するわけだから、補償金を出さなければいけない。爺ちゃん、婆ちゃんでやっているとこだけじゃなくて、大企業にも出します。飲食関連の、ほら、おしぼり屋、つまようじ屋もあるな。それも全国一律というわけにはいかない。大都市圏だな。東京だって、あんた、この辺(永田町)と三多摩の山奥の日ノ出町あたりとでは(出すカネが)違うわけですよ」

   それやこれや、予算を出す必要があるところを並べ立てたあと、最後に肝心の質問に、こう答えた。

「前回と同じように一律10万円というのはやるつもりはありません!」

   すかさず別の記者が、

「低所得者とか減収した人とかの世帯に絞った形で給付することは、考えにくいですか」

と聞くと、麻生氏は、

「考えにくいでしょうね!」

と、バッサリ切って捨てた。

現金10万円給付はもう一度あるか?
現金10万円給付はもう一度あるか?

   麻生氏は昨年春の現金10万円給付の決定前、2009年のリーマン・ショック後に実施した定額給付金は効果がなかったなどとして、一律給付に反対する考えを述べていた。

   しかし、当時の安倍晋三首相が公明党や二階俊博幹事長などの強い要求に屈して10万円給付の実施に転じたため、仕方なく応じた経緯がある。

   また、昨年10月には、福岡市で開いた自身の政治資金パーティーでの講演で、

「10万円給付は、その分だけ個人の貯金に回っただけだった」

と述べて、物議をかもしたことがある。よほど、一律の現金給付に反対らしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中