2021年 12月 9日 (木)

テレワークにも特有のストレスあった! その解消のカギは...

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   コロナ禍で、政府が緊急事態宣言の再発出とともに実施を呼びかけているテレワーク。しかし、テレワークを経験した約6割が「テレワーク前にはなかったストレスを感じた」と答えていたことが、リクルートキャリアの調査でわかった。

   企業に勤める正社員で、昨年(2020年)1月以降にテレワークを実施した人を対象に、9月26日~28日に調査。20~60代の2272人が回答した。2021年1月24日の発表。

  • テレワークにもそれなりのストレスが…
    テレワークにもそれなりのストレスが…
  • テレワークにもそれなりのストレスが…

ストレスの原因は「雑談欠乏症」

   調査によると、回答者の59.6%が「テレワーク前になかったストレスを感じた」と回答。年代別では、20代が58.9%、30代64.6%、40代67.8%、50~60代が83.6%と、すべての年代で約6割からそれ以上の人がストレスを感じていた。

   調査した2020年9月時点になっても、依然としてストレスが解消されていない人の割合は67.7%で、解消できていない人の割合も年代が上がるごとに高くなっていた。

テレワークの仕事上のストレス、59.6%が「感じた」
テレワークの仕事上のストレス、59.6%が「感じた」

   リクルートキャリアでは、テレワークによってストレスを感じた人を、仕事中の雑談の有無によりグループ分けして検証。すると、仕事中に「雑談」があると回答したグループと「雑談」がないと回答したグループとで、ストレスの解消具合に差があることが判明した。

   調査時点でストレスが解消できていない割合は67.7%だったが、「雑談」があると回答したグループでは、この割合が63.2%となり、「雑談」がないと回答したグループでは77.3%で、その差は14.1ポイントあった。

   リクルートキャリアでは、この点に注目し「テレワークによって感じるストレス状況は、仕事中の『雑談』がない人のほうがより深刻である様子がうかがえる」と指摘する。

   また、調査によると20~40代では、テレワーク時に「チャットなどで業務外の会話」や「会議開始前に世間話のような会話」をしている割合が3~4割ある一方、50~60代では2割台にとどまっている。

   50~60代は「ストレスを感じた」とする割合が8割を超えていることから、リクルートキャリアでは、雑談がストレス解消のカギとなる可能性を指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中