2021年 3月 5日 (金)

コロナ禍の「実体経済」とバブル期以来の高値の株価 7割超が「懐疑的・驚き」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   コロナ禍のなか、株価がバブル経済以来の高レベルに上昇していることについて、会社経営者や役員、会社員らビジネスパーソンの7割超が「疑問や驚き」を抱えていることが、投資助言、経営コンサルティングを行っているエフピーネット株式会社(東京都新宿区)の調べでわかった。コロナ禍の実体経済や経済報道に対する意識調査を実施。2021年2月8日に発表した。

   その一方で、経済など報道に疑問や違和感を持っていながらも、半数近くの人が、検証などの作業を行っていないこともわかった。

  • コロナ禍のなか、2021年1月の日経平均株価は19年12月との比較で10~20%上昇した(写真は、東京証券取引所)
    コロナ禍のなか、2021年1月の日経平均株価は19年12月との比較で10~20%上昇した(写真は、東京証券取引所)
  • コロナ禍のなか、2021年1月の日経平均株価は19年12月との比較で10~20%上昇した(写真は、東京証券取引所)

81%が実体経済「厳しくなっている」

   調査では、「新型コロナウイルスの流行前の2019年12月と現在(調査時の2021年1月)を比べ、実体経済はどのようになっていると感じているか」を質問。「とても厳しくなっている」の32.5%と「厳しくなっている」の48.6%を合わせた、8割超が「厳しさが増している」と感じていた。「変わらない」は18%、「上向いている」と回答した人は0.9%だった=下の円グラフ参照

kaisha_20210210115554.jpg

   調査したのは2021年1月末。新型コロナウイルス感染症拡大前の2019年12月との比較で日経平均株価は10~20%上昇していた。調査では「調べずに直感で」と条件をつけ、日経平均株価が約1年前と比べてどうなっていると思うか聞いたところ、「10%~19%上がっている」と答えた人が20.7%、「10%~19%下がっている」が14.4%、「30%以上下がっている」は9.1%、という結果になった。24.3%が「わからない」と回答した=下の円グラフ参照

kaisha_20210210115645.jpg

   この質問のあとで、2021年1月の日経平均株価が、2019年12月と比べて10~20%上昇している状況を明かし、「どのように思うか」聞いたところ、「懐疑的な印象を持つ」の39.7%と「驚いている」の31.5%を合わせた7割以上の人が、疑いや驚きを表明した。「妥当だと思う」は11.7%、「特に何も思わない」は17.1%だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中