2021年 4月 16日 (金)

「一寸の虫にも五分の魂」格安スマホ「IIJ」が大手3社に真っ向勝負! ネットで巻き起こる「頑張れ」エール

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「一寸の虫にも五分の魂!」とはこのことを言うのだろうか――。

   格安スマホ「IIJmio」を展開する通信大手インターネットイニシアティブ(IIJ)が2021年2月24日、携帯大手3社の「横並び」料金に真っ向勝負を挑む新料金プランを発表した。

   20GB(ギガバイト)で月額1880円(税別)と、1100円安い料金を打ち出した。

   ネット上では「応援コール」が起こっている。

  • 携帯料金が安くなるのか?
    携帯料金が安くなるのか?
  • 携帯料金が安くなるのか?

あえて大手3社「横並び」に勝負を挑むプラン

   IIJの公式サイトによると、新料金に名前は「ギガプラン」で、提供は4月1日から。新プラン目玉の20GBで月額1880円(税別、以下同)のほか、次のようにデータ利用量に応じた段階的な料金設定にした=下の価格表を参照

▽15GB:1680円。
▽8GB:1380円
▽4GB:980円。
▽2GB:780円。
IIJmioの新料金「ギガプラン」(インターネットイニシアティブの公式サイトより)
IIJmioの新料金「ギガプラン」(インターネットイニシアティブの公式サイトより)
「ギガプラン」の価格表(インターネットイニシアティブの公式サイトより)
「ギガプラン」の価格表(インターネットイニシアティブの公式サイトより)

   さらに、3分以内の通話がかけ放題になる月額600円、10分以内の通話で月額830円のオプションも加えた。6月からは家族間など同一契約内でデータ容量のシェアができるようにし、5Gにも対応する。

   また、申し込みはオンラインでだけでなく、従来どおりビックカメラやソフマップ、コジマ、ヨドバシカメラの家電量販店での申し込みも可能にした。これは大手3社の新プランが、いずれもオンラインのみの受付に限定していることに対し、サービス面でも対抗した。

   IIJでは、これまで最も容量が大きい既存プランは「12GBで3260円」だったから、あえて大手3社と勝負するために「20GB」を出したことになる。「20GBで1880円」は、単純に計算すると、容量を6割増やし、4割の値下げを断行した形だ。

   これは、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの大手3社が「5分以内のかけ放題」を含んで20GBで月額2980円の新プランを掲げて春の商戦に殴り込んできたことに対して、迎え撃つ構えを示したわけだ。

   かつて月額2000円台は、格安スマホの独壇場だっただけに、同社の矢吹重雄執行役員は発表記者会見で危機感を露わにした。

「春商戦を意識して、積極的な価格設定にしました。大手のプランが低価格化し、非常に競争環境が厳しくなって、苦戦を強いられています。新プランにより再び活性化させ、事業を拡大したい」

と強調したのだった。

   読売新聞(2月25日付)「格安スマホ大手に対抗 新料金プラン続々」によると、格安スマホ業界は追い込まれているという。

「営業利益が売上高に占める割合(営業利益率)は、大手3社は20%程度だが、格安業者は数%にとどまるとされる。値下げは格安業者の経営をもろに圧迫する。こうした状況を受け、政府は格安業者が大手からデータ通信の回線を借りる際のレンタル料(接続料)の値下げを加速させる考えだ。格安業者も競争できる健全な市場育成に目配りする必要がある」

   総務省は2020年10月、「モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクション・プラン」を発表。こうした「接続料」を3年間で5割減にするという目標を掲げた。ところが、格安スマホ会社の団体は今年1月、

「3年間も待っていては、みんなつぶれてしまう。大手の廉価プランに対抗できるように、『3年間で5割減』を前倒ししてほしい」

と総務省に要望書を出しているが、まだ具体的に進んでいない状態だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中