2021年 9月 22日 (水)

復活は絶望的? それでも世界中が暖かく見守るタイガー・ウッズの「波乱万丈」人生(井津川倫子)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロゴルファーのタイガー・ウッズ氏が米ロサンゼルス近郊で自動車事故を起こし、その容体に世界中の注目が集まっています。

   事故現場に立ち会った地元保安局によると、ウッズ氏の命が助かったのは「nothing short of a miracle」(奇跡にほかならない)大事故だったそうですが、驚いたのはウッズ氏の「人気ぶり」です。バラク・オバマ元米大統領を初めとする各界セレブやスポーツ界のレジェンドたちが次々と熱いメッセージを贈り、ウッズ氏の公式ツイッターには暖かいファンのメッセージがあふれています。

   なぜ、ウッズ氏はこれほどまでに人々の心をわしづかみにするのか――。その魅力を探ってみました。

  • タイガー・ウッズ選手のプレーはもう見られないのか……・(写真はイメージ)
    タイガー・ウッズ選手のプレーはもう見られないのか……・(写真はイメージ)
  • タイガー・ウッズ選手のプレーはもう見られないのか……・(写真はイメージ)

ツイッターにあふれる「ヤギ」の絵文字?

   タイガー・ウッズ氏のツイッター・アカウントに書き込まれた説明によると、緊急手術は長時間に及び、脚を固定するためのロッド(棒)や複数のスクリュー、ピンが挿入されるという大手術だったようです。

   術後の容体は、「awake, responsive, and recovering」(意識があり、反応できて、回復に向かっている)そうですが、プロゴルファーとしての復活は、現時点では難しいだろうと複数のメディアが伝えています。

His ability to play pro golf again is in question
(プロゴルファーとして再びフレーできるかどうかは疑問だ:米ニューヨークタイムズ紙)

   じつは、ウッズ氏は先日5回目となる腰の手術をしたばかりで、21年度の復帰は「未定」だとされていました。今回の大事故で復帰の見通しがさらに遠のくなか、ウッズ氏の公式ツイッターには復活を願う声よりも、「無事でよかった」「家族のために少し休んで」といった、ファンの暖かいメッセージがあふれていました。

Get some rest for yourself and your family
(自分と家族のために少し休んで)

Just very grateful! Tiger is okey
(とにかく、タイガーが無事でよかった!)

Whatever comes next, I hope he & his family are going to be at peace with
(次に何が起こっても、彼と彼の家族が平和であることを望んでいる)

   プロゴルファーとしてのウッズ氏の活躍を願いつつも、まずはウッズ氏個人の安静と家族の平和を望むメッセージの数々。ファンの寛大さに感動しながらながめていると、なぜか「ヤギ」の絵文字があちこちに登場していることに気がつきました。なかには、「goat」(ヤギ)のハッシュタグをつけているメッセージも。

   「タイガー(虎)なのに、なぜヤギなのだろう?」と不思議に思って調べてみたら、「GOAT」「Greatest Of All Time」(史上最高の)の略語で、優れたスポーツ選手をたたえる場面でよく使われることがわかりました!ヤギの英語表記が「goat」なので、ツイッターなどではヤギの絵文字を使って表現する「お作法」だそうです。

   ヤギの絵文字一つにこんな深い意味が隠れていたとは......。謎なぞクイズみたいで楽しいですね。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中