2021年 4月 24日 (土)

株価一気に3万円割れ 長期金利の動向を注視(3月1日~5日)【株と為替 今週のねらい目】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京株式市場の日経平均株価が3万円を割った。2021年2月26日に前日比1202円安と急落。下落幅は過去10番目の大きさとなった。原因は、上昇する長期金利。これに嫌気した米国株が大幅に下落。日経平均株価に飛び火した。長期金利の上昇は一服しているが......。

   日経平均株価は神経質な動きとなりそう。どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 米国の長期金利が上昇傾向に……
    米国の長期金利が上昇傾向に……
  • 米国の長期金利が上昇傾向に……

東京株式市場 3万円割れ、調整局面か

日経平均株価予想レンジ:2万8500円~2万9600円

2021年2月26日(金)終値 2万8966円01銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、どのように相場を修復するのかがポイントとなりそうだ。

   前週の日経平均株価は、米国の長期金利の上昇を嫌気した米国株の大幅な下落を背景に、2月26日には前日比1202円安と急落。下落幅は過去10番目の大きさとなった。米10年債利回りは2月25日に1.61%と、2020年2月以来、1年ぶりの水準にまで上昇した。

   今週の日経平均株価は、相場をどのように修復するのかがポイントになりそうだ。日経平均株価は3万円の大台まで大きな調整もなく、順調に上昇してきただけに、今回の大幅な下げにより、いったんは調整局面入りした。今後は下値を固めながら、相場を修復していくことになろうが、米国の長期金利の動向を見ながらの神経質な展開となりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中