2021年 8月 3日 (火)

【きょうの格言】心がツライ時は「冷静に、丁寧に、具体的に」を心掛けよう(丸ノ内ミカ)

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   みなさん、こんにちは。丸ノ内ミカです。

   首都圏などでは目下、緊急事態宣言が続いています。そんななか、テレワークやオンラインでのコミュニケーション、ステイホームなどのいわゆる「ニューノーマル」と言われる生活様式も、徐々に人々の日常に馴染んできているようです。

   その一方で、こうした新しい生活様式に心がついていけず、心身の調子を崩す人も増えています。とりわけ、人とのつながりを大切にする女性たちの中にストレスを感じる人が少なくなく、女性や子供たちの自殺件数が増加しているというニュースも耳に入ってきています。

  • コロナ禍で不安は募るばかり……(写真はイメージ)
    コロナ禍で不安は募るばかり……(写真はイメージ)
  • コロナ禍で不安は募るばかり……(写真はイメージ)

コロナ禍は人を「孤独」にする

   コロナ以前は月に1回ほど、多くの人で集まって盛り上がっていた丸ノ内サバイバー女子会は、コロナ以降はオンライン飲み会だったり、リアルで会うにしても2人、3人で個別に会ったりするような、さびしい状態が続いています。

   先日、リアルにお会いしたY衣さんは、

「最近、これからのことをいろいろ考えると、不安ばかりが募るんです。それと同時に、以前なら、ちょっとウツウツしても、職場の友達と週末飲みに行ったりして発散できたのになあ、昔は楽しかったなあとか、あの頃は良かったなとかばかり思ってしまって、涙が出てきて仕方ないんです。病院に行くほどではないんですけど、プチ鬱というか。。。実家は地方なので、もう1年以上、親や姉家族とも会っていませんし。なんかどんどん孤独になっていく気がして」

と、打ち明けてくれました。

   Y衣さんは、大手の電機メーカーで事務職をしています。緊急事態宣言の最中である今は、週のうち2回はオフィス出社、3回は在宅勤務というシフトのようです。このような事態になった2020年の春頃から、社内で親しくしていた女性たちの何人かが、気づけばポツポツと会社を辞めているといいます。

「その中の、ある女性は子どもを保育園に預けて仕事を続けてたんですけど、通勤リスクが怖くて会社を辞めたと聞きました。万一自分がコロナに感染して、無症状のまま子どもに伝染させてしまうのが怖いって。リスクは少しでも減らしたいって。彼女は都内に住んでたんですけど、都内の家を売って、郊外に引っ越したそうです。郊外の中古の家なら、旦那さんの1馬力でもなんとか生活していけるからって」

   たしかに、家計のために共稼ぎで働いていた女性は、ご主人と相談して家計をダウンサイジングして、場合によっては仕事を辞める人も珍しくないかもしれません。

丸ノ内ミカ(まるのうち・みか)
丸ノ内ミカ(まるのうち・みか)
大学卒業後、金融系大手企業に就職してから、一貫して事務職やっています。趣味は野球観戦。シーズン中の週末は、ほぼどこかの球場に出没。40代後半のアラフィフ。
丸ノ内ミカのブログ(アメブロ)https://ameblo.jp/taurusmika
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中