2022年 5月 22日 (日)

坂本龍馬が大政奉還で重視した施策! 金座、銀座の接収とは?【尾藤克之のオススメ】

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

金座、銀座は幕府の要だった

   全国の主な鉱山は幕府が貨幣の鋳造は、幕府が独占的に行なっていました。全国の主な鉱山は幕府が直轄しており、そこから生じた金銀銅を使って貨幣を鋳造します。幕府はそれだけで巨大な収益がありました。諸藩には貨幣鋳造は許されていません。

   また幕府は、財政が悪化すると、たびたび貨幣の改鋳をおこないました。金や銀の含有量を減らした小判などを鋳造するのです。「幕府が大きな権力を保持し続けた基盤はここにある」と、龍馬は掌握していたのです。

   大村さんによれば、江戸時代の幕府の収入は25~30%程度が、貨幣鋳造益によるものだったそうです。しかも、幕末には、60%を超えることもありました。

   大村さんは、

「金座、銀座を取り上げ、それにつながる鉱山を接収すれば、幕府の財源の大半を握ることができます。それさえできれば、幕府や将軍は残っても、有名無実の存在になる。龍馬は、そういう算段をしたのです」

   と解説する。

   西郷隆盛、大久保利通、桂小五郎など、歴史に名を残した明治の元勲たちよりも、龍馬の金策は一歩先を行っていました。時代の節目では、今後、何がどうなるかわかりません。さまざまな可能性を考慮し、でも、どうなろうと必要だったのが、「お金」だったのです。本書では知られざる「龍馬の錬金術」が紹介されています。(尾藤克之)

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中