2021年 10月 17日 (日)

尾身茂会長も「中止」を進言した東京五輪 バッハ会長は「ノーベル平和賞」を狙ってるってマジ?(1)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?
「もう2、3回東京五輪中止を進言してきた」

   新型コロナウイルスの政府分科会の尾身茂会長が言い切った。この進言が効いているのか、さすがの菅義偉首相も最近、弱気になってきたという。

   一方、暴走と暴言が止まらず、日本国民の神経を逆なでしているのが国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長だ。いまや、バッハ会長の存在そのものが五輪開催にリスク要因になってきた。

   バッハ会長はノーベル平和賞を狙っているともいわれるが、もし東京五輪が利用されているとしたら? あり得ないと思いたいが......。

  • (写真説明1)2、3回、五輪中止を進言したという尾身茂会長
    (写真説明1)2、3回、五輪中止を進言したという尾身茂会長
  • (写真説明1)2、3回、五輪中止を進言したという尾身茂会長

尾身茂会長「個人的に2、3回中止を進言した」

   政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が「東京五輪中止」に言及したのは、2021年4月28日の衆院厚生労働委員会だった。主要メディアの報道をまとめると、東京五輪・パラリンピック開催の是非について立憲民主党の長妻昭氏の質問に対して、こう答えたのだった。

「重要なことは感染の状況、医療のひっ迫状況。そうしたことを踏まえて東京オリンピック・パラリンピックに関する議論を、もうそろそろしっかりとするべき時期にきている」

   長妻昭氏が、「開催途中に感染爆発が起きても、政治的配慮で緊急事態宣言を出さないようなことがないか心配しているが、どう考えるか」 と聞くと、

「そのときになって判断するのでは遅い。組織委員会など関係者がいろんなことを今から考えて、感染レベルや医療のひっ迫がどうかを考慮し、議論をしっかりやるべきだし、やろうと思ったらできる。(水際対策についても)変異株の国内外の状況を見ると今より、もう少し強めにしたほうがよい。緊急事態宣言を出している中で、入国制限などで入国者数をもう少し減らせないかと思う」

と、さらなる強い対策の必要性を強調した。

   さらに長妻氏が、「(東京五輪開催の是非について)政府から分科会に意見を求められたか」と聞くと、

「個人的に、私には2、3度あり、つい最近もあった。世界では発展途上国も含めて感染が非常に広がっているのは事実。リスクは当然ある。感染の状況、医療のひっ迫状況を考えた上で、国民に知らせるのが組織委員会、関係者の責任でないかと申し上げた」

と事実上、中止すべきだと進言したことを明らかにした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中