2021年 6月 17日 (木)

「尾身の乱」に菅政権が大バッシング 「良心の叫び」のはずが「ご乱心」で鎮圧される!(2)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
「尾身の乱!」

   そんな言葉も飛んだ。

   政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長の爆弾発言が波紋を広げている。

「なぜ今、東京五輪を開かなければいけないのか。菅義偉首相は国民が納得できるように説明すべきだ」

と、国会で訴えたことが、政府や大会組織委員会の怒りと反発を招いた。尾身氏の反乱は鎮圧されるのか――。

  • 「ご都合主義」で専門家を利用してきた菅義偉首相
    「ご都合主義」で専門家を利用してきた菅義偉首相
  • 「ご都合主義」で専門家を利用してきた菅義偉首相

ブレーン竹中平蔵氏「ひどい越権行為だ」

   こんななか、尾身氏のバッシングが始まった。火ぶたを切ったのは菅義偉首相のブレーンの一人で、菅政権で新たに設置された成長戦略会議のメンバーでもある竹中平蔵・パソナグループ会長だ。

   スポーツニッポン(6月7日付)「竹中平蔵氏が〈尾身批判〉『分科会は明らかに越権』オリパラ提言にクギ」が、こう伝える。

「尾身茂会長が、東京五輪・パラリンピックについて独自の提言を公表する考えを示したことに対し、竹中平蔵氏が6月6日、大阪・読売テレビの番組『そこまで言って委員会』に出演、『こないだの座長の発言なんかひどいじゃないですか。だって分科会がオリンピックのことを決めるわけじゃないのに、明らかに越権でね』と批判した。『だって、オリンピックっていうのは世界のイベントでね。日本の国内事情で〈やめます〉というのはあってはいけない。世界に対し〈やる〉と言った限りはやるべき責任がある』と強調した」

   出演者の一人が、「世論の6~7割が中止を望んでいる。世論が間違っているってこと?」と聞くと、竹中氏は「世論は間違ってますよ。世論はしょっちゅう間違ってますから!」と、キッパリ言い切ったのだった。

   月刊誌も「尾身氏総攻撃」に参陣した。「月刊Hanada」の最新号(2021年7月号、5月26日発売)は、巻頭に「独占インタビュー:安倍晋三前総理『歯を食いしばって菅政権を支えよう』」という記事を掲げ、菅首相応援団の姿勢を打ち出している。それなのになぜか、菅首相の助言者である尾身氏をバッシングする特集記事を2本も掲載した。

「小川榮太郎:『尾身茂亡国論』科学性ゼロの専門家集団」
「堤尭×久保紘之:蒟蒻(こんにゃく)問答『尾身茂こそ褌を締め直せ!』」

である。

   どうやら、緊急事態宣言による極端な社会制限、私権制限が「戦時中でもなければあり得ない最大級の人権侵害であり、生存権の侵害」であるが、その責任は政府分科会会長の尾身氏にあるというのが理由らしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中