2021年 8月 4日 (水)

業績も坂道を上る! 乃木坂銘柄「KeyHolder」を買う(慶応義塾大学 八田潤一郎さん)【企業分析バトル】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   【2本目】株式銘柄の分析方法はさまざまあるが、我々学生だからこそできる分析はないのだろうか――。

   トレンドを意識した分析は大きなヒントになる。少なくても金融のプロや投資家に学生が勝てる一つの強力な武器になるはずだ。そこで、今回は学生(若年層)のあいだで人気の事柄から、株式の銘柄選びをしてみたい。

  • アイドル銘柄を狙う!(写真はイメージ)
    アイドル銘柄を狙う!(写真はイメージ)
  • アイドル銘柄を狙う!(写真はイメージ)

アイドルと銘柄選び

   今回は若年層にも人気のあるアイドルという切り口で探してみたい。アイドルグループの人気ランキングで必ず見かけるのは、秋元康先生の手掛ける坂道グループであろう。坂道グループとひと口に言っても、乃木坂46、欅坂46、日向坂46があり、それぞれのカラーを持つ。

   いずれにしても、近年の写真集の売り上げ部数ランキングにも裏付けされているように、どのグループも男女問わず、人気のある国民的アイドルグループといえる。

   さて、坂道グループをけん引してきた乃木坂46と秋元康氏をキーワードに銘柄を探すと一つの銘柄が浮かび上がる。それが今回の主役KeyHolder(4712)だ。

◆ 変革を遂げた事業構成
   まずはKeyHolderがどのような会社なのか、押さえておく。前身のアドアーズにおいて半世紀にわたり総合エンターテインメント施設の運営を中心に行っており、現在のKeyHolderのアイドルを中心とする総合エンターテインメント、映像制作や広告代理店などの事業構成にシフトしたのは、ごく最近のことだ。
   2018年に前述のアドアーズ売却や20年に不動産事業などを手掛けるキーノートも株式交換によって譲渡した。他方、子会社や合弁会社を相次いで設立、株式取得による子会社化、業務提携などをここ数年で矢継ぎ早に行い、目まぐるしく変化している。
   特筆するべきなのは、秋元康氏の当社特別顧問就任、SKE48事業の承継、そして何よりノース・リバーの連結子会社化(併せて同社が50%の持分を保有する乃木坂46 合同会社を持分法適用会社化 )だ。
ひと言でまとめると、秋元康氏の手掛けるアイドルグループを筆頭とする総合エンタメを軸に事業ポートフォリオの入れ替えを行ったのだ。このスピード感で事業転換を進めていることは驚きだ。

図1 グループ体制(出典:2020年12月期 決算説明会資料)
図1 グループ体制(出典:2020年12月期 決算説明会資料)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中