2021年 11月 29日 (月)

じわり浸透? ビール市場の新ジャンル「微アル」 先行するアサヒ、サッポロにキリン、サントリーはどう出る!

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

アサヒ「BERRY」の狙い

   先行したのはアサヒビール。2021年6月、国内で初のアルコール度数0.5%の「BEERY」を発売した。ターゲットは、若年層やふだんお酒を飲まない人でビール離れを食い止める狙いがある。

   9月に発売されるサッポロビールの「The DRAFTY」のアルコール度数は、0.7%で、ビールテイストを生かした微アルコールで、いわゆるビール好きをターゲットに捉えている。ビール好きの選択肢を広げて、飲用機会を創出していくのが狙いだ。

   「微アル」市場について、

「アルコール度数を含めたさまざまな選択肢を用意することで、多様なビールの楽しみ方を広げ、新たなビール文化を作り上げていきたい」

と、サッポロビールは話す。

   すでに数多く発売されているノンアルコールビールだが、「味がおいしくない」と思い込んでいる消費者は少なからずいる。同社によると、「微アル」ビール市場はそういった消費者の意識、イメージを変えていき、新たなジャンルを確立する狙いがあると意欲的。将来的には、1300万函の市場規模(発泡酒が5000万函規模)になると予測している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中