2021年 11月 29日 (月)

じわり浸透? ビール市場の新ジャンル「微アル」 先行するアサヒ、サッポロにキリン、サントリーはどう出る!

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

キリンとサントリーは様子見、そのワケは......

   一方、キリンビールとサントリービールは「微アル」ビール市場の参入について、今のところ「様子見」のスタンスだ。

   キリンホールディングスは、「生活スタイルの変化に伴い、お酒の楽しみ方も多様化している。すぐに追随するものではないが、今後の市場の状況を注視していく」と話し、「当社としては活性化しているノンアルコールカテゴリーでの商品拡売や、Slow Drinkに代表されるような、お酒の楽しみ方の啓発活動を続けていく」とコメント。サントリーホールディングスも、「現時点で決まっていることは特にありません」と言う。

   両社が様子見する背景には、「微アル」ビールがアルコール度数1%未満の商品のため、酒税法上は酒類に含まれず「炭酸飲料等」に分類されていることにある。

   「微アルコール」とはいえ、大量に飲めばアルコールの摂取量も増えてしまうから、妊産婦や授乳期の女性や子どもを含む未成年者、クルマを運転する人などへの積極的な飲用は勧めにくい。

   売り場を確保する量販店なども、他の炭酸飲料と同じ棚に陳列するわけにはいかず、とはいえビール棚に置けば、数あるビールやノンアルコールビールに埋没しかねないなど、消費者への売り込み方は、なかなか難しいようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中